Adsense

ads.txtって何?エックスサーバーとプラグインの導入方法

google Adsenseの画面に突如現れた、「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。の文字。

意味がわからないのでぐぐりますよね。

私はエックスサーバーWordPressを使用しているのですが、ググった方法でやって消えない・・・

色々やっててとりあえず解決したので、そのご紹介をさせていただきます。

 

1.ads.txtとは

まず、ads.txtとはなんなのか。

最近よく聞くけど、よくわかりませんよね。

警告さえ消えてくれればなんでもいいって方は読み飛ばしてください。

ads.txtとは偽造された広告や不正なインプレッション販売を防止するものです。

なぜads.txtがそんな役割が出来るのか。

それは説明しだすとかなり長くなってしまうし、私より断然詳しい方がわかりやすく説明してくれているので

ads.txtとは」で検索してみてください。

ここでは簡単に説明しておきます。

ads.txtとはパブリッシャーが販売を許可している広告システムを宣言することです。

これによりDSP事業者が安心して広告枠を購入することが出来るようになります。

この宣言をしないと、なりすましサイトなどにより、ドメインの評価が下がり、適切な評価がされなくなってしまいます。

なので、ads.txtを導入しなくても機能的になにか問題があるものではないですが

導入しないことによって、場合によってはかなりの被害があるかもしれません。

なので、必ず導入するようにしましょう。

それでは導入方法を確認してみましょう。

 

2.ads.txtの導入方法

私はエックスサーバーを使っているので、エックスサーバーでの手順説明となります。

まず、テキストエディタで

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」

上記を入力しましょう。

テキストエディタはメモ帳でOKです。

pub-のあとは個々のサイト運営番号を入力してください。

googleAdsenseのサイト運営番号はアカウントから確認ができます。

テキストファイルは「ads.txt」と名前を付けて、文字コードを「UTF-8」で保存してください。

そしたら、エックスサーバーにログインしてサーバーの操作メニュー「ファイル管理」をクリック

そして、自分のドメインのファイルを開いて、「public html」というファイルを開きます。

そこに先ほど作ったads.txtをアップロードします。

ads.txtって何?エックスサーバーとプラグインの導入方法

ちなみにここの「作成」でads.txtというファイルを作成して、それを編集して

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

と記入しても問題ありません。

文字コードを「UTF-8」にするのをお忘れなく

以上で完了です。

https://◯◯◯.com/ads.txtにアクセスしてみて上記のサイト運営番号が表示されればOKです。

ads.txtがちゃんと導入されているかはこちらで確認できます。

 

3.プラグインによる導入方法

私は上記の方法では警告が消えなかったので、プラグインでの導入をしています。

※注意ーこのプラグインで導入する場合、上記で「ads.txt」を作成した場合は削除しておいてください。

URLを記入したら出るのは出るんですが、チェックサイトで調べたら「文字コードをUTF-8」に変更してくださいと延々で続けました。

エックスサーバーUTF-8に変更して保存してもなぜかもう一度編集ボタンをおすとShift_JISに戻るという謎の症状が・・・

私はそこらへん詳しくないので、何度試しても無理で、実際警告も消えないままだったので、色々調べて

Advanced Ads」というプラグインにたどり着きました。

Advanced Adsは広告コードを好きな位置に設置出来るWordPressのプラグインです。

様々な場所に広告を設定できる為、非常に使い勝手のいいプラグインです。

ads.txtを入れる為じゃなくてもおすすめです。

とりあえず、まずはプラグインの新規追加でAdvanced Adsをインストールしましょう。

ads.txtって何?エックスサーバーとプラグインの導入方法

インストールしたら有効化するのもお忘れなく

有効化出来たら、設定をクリック

ads.txtって何?エックスサーバーとプラグインの導入方法

まずはGoogle Adsenseというタブをクリックして

サイト運営番号を記入しましょう。

ads.txtって何?エックスサーバーとプラグインの導入方法

記入したら「Connect to AdSense」をクリックするとリクエスト許可を求められるので許可をクリック

そしたらコードが発行されるので、それをコピーして下記の画面にペースト

ads.txtって何?エックスサーバーとプラグインの導入方法

ペーストしたらSubmit codeをクリック

今度は一般のタブにいき、一番下のads.txtの「有効化済み」にチェックが入っていればOK。

これで完了です。

私はこれで2〜3日経ったあと、警告が消えました。

2で紹介させてもらった方法でほとんどの方はいけているようです。

私は消えなかったので、こちらのプラグインで導入しました。

プラグインで導入する方が楽なので、こちらがおすすめです。

またこのプラグインの本来の使い方である、広告を自由な場所に入れる機能も素晴らしいのでプラグイン自体がおすすめです。

 

4.最後に

いかがでしたでしょうか

今回はまたもや、私はググった方法で出来なかった為に他の方法を試した記事でした。

こういう記事がないってことは、皆さんは普通に検索したら出てくる方法(2の方法)で出来てるんでしょうね(笑)

私は毎回何かしら余計なことをしているんでしょう。

もう少し勉強しないといけませんね。

私の様になぜか2の方法で解決できないという方の助けになればいいなと思います。

 

御閲覧ありがとうございました。