DIY

珪藻土(けいそうど)、漆喰(しっくい)とは?特徴を解説

こんにちは、建築業界で10年以上働いているKatzeです。

今回の記事では珪藻土(けいそうど)漆喰(しっくい)について解説したいと思います。

名前はよく聞くと思いますが、一体どんな特徴があるのか。

この記事で確認していきましょう。

漆喰(しっくい)とは

漆喰とは、消石灰にノリや粘土、スサなどを練り合わせたものです。

消石灰とは石灰石を焼き、水を合わせたものをいい、ルーツはサンゴ礁です。

漆喰は呼吸する壁と言われていて、空気中の二酸化炭素を吸収しながら徐々に石灰石へと戻っていきます。

完全に石灰石に戻るにはおよそ100年以上かかると言われています。

その長い期間、ずっと呼吸する事で、部屋の調湿を行ってくれます。

これが漆喰の部屋が過ごしやすい理由の一つになっています。

昔は蔵などで漆喰が使われていて、収蔵品を守っていたとも言われています。

現代ではエアコンなどによって部屋を冷やす事で多湿の空気を一気に冷やす為、結露してしまうのですが、漆喰の壁であれば湿度を調節してくれるので、結露防止にもつながります。

またニオイに関しても、におい成分は空気中の水分に溶ける為、湿度の調整の時に一緒に吸収してくれるので消臭効果も期待できます。

漆喰は燃えないので、防火性にも優れる材料となっています。

この漆喰はDIYでも人気な商品で、壁を平らにしたり鏡のようにピカピカにする磨き上げを行うには熟練のスキルが必要になりますが、模様をつけたりする場合は自分でやって味を出すことも出来ます。

雑に塗って洋風な感じの壁にしたり、あえてコテ跡を残してそれを模様にしたり、様々な方法で楽しむことが出来ます。

また漆喰はお手入れも簡単で、ちょっとした汚れなら消しゴムで消したりする事も出来ます。

クロスなどと違い初期費用は高くなってしまいますが、経年による汚れなどはほとんどありません。

綺麗が長続きする壁材です。

ただ一度濡れて、急激に乾いたりした場合は割れたりすることがあります。

また汚れにくい素材ではありますが、水分を吸収しやすい為、水分による汚れが付きやすく、汚れた場合は目立ちやすいです。

漆喰は寒くなるとカルシウムイオンが表面に浮き出てくることがあり、白樺現象が起こることがあります。

コンクリート製品が白く汚れる原因とは【徹底解説】コンクリート製品が白く汚れたような感じになっている事がありますが、あれは一体なんなのでしょうか。あの現象を防ぐ方法はあるのでしょうか。詳しく解説します。...
  • 調湿効果がある。
  • 結露防止効果がある。
  • 防火性に優れる。
  • 消臭効果がある。
  • プロにお願いすればツルツルで綺麗な仕上がりになる。
  • DIYで手軽にすることも出来る。
  • ひび割れがおこることがある。
  • 汚れにくいが汚れると目立つ(軽い汚れなら消しゴムで消せる)
  • 白樺現象が起こることがある。

 

珪藻土(けいそうど)とは

それでは珪藻土とはなんなのか。

珪藻土とは藻類の一種である珪藻の殻が化石から出来る堆積岩の事。

ダイアトマイトとも呼ばれ、主に二酸化ケイ素が主成分になっています。

珪藻土と漆喰はメリット部分が同じ部分が多いですが、ご紹介していきます。

珪藻土は調湿効果が素晴らしく、珪藻土にあいている無数の小さな穴によってそれを可能にしています。

その穴の数は木炭の5000倍以上と言われており、非常に優れた調湿効果がある事がうかがえます。

漆喰と比べると、ここまでの調湿機能がある漆喰はあまりありません。

消臭効果についても、上記で解説した通り、調湿によりニオイも吸収するので、漆喰と同じく効果があります。

珪藻土は七輪などに使われるくらい火に強く、防火性にも非常に優れています。

漆喰に比べて、珪藻土は色のラインナップも豊富にあります。

珪藻土は漆喰と違い、そのものが固まる性質を持っていない為、つなぎ材が必要となります。

そのつなぎ材によって能力が低下してしまう事もあります。

つなぎ材に合成樹脂をしようすると、穴を塞いでしまうため、調湿・消臭の効果が激減してしまいます。

また漆喰のようにツルツルに仕上げることが出来ないので、ガリガリすると粉が落ちます。

そして、漆喰でも同じですが吸水性が高いがゆえに水分による汚れが付きやすいです。

例えばお醤油などをかけてしまったら、シミが残ってしまいます。

  • 漆喰以上の調湿効果がある。
  • 消臭効果がある。
  • 防火性能が優れている。
  • 色のラインナップが豊富。
  • つなぎ材により効果が変わる。
  • 粉がボロボロ落ちる。
  • 水分による汚れが付きやすい。

 

珪藻土の商品紹介

上記でつなぎ材により効果が変わるといったデメリットや、粉が落ちるという内容の話をしたのですが、今は珪藻土は塗るタイプではなく、タイルのような形になっていて、貼るタイプのものもあります。

LIXILから発売されている、「エコカラット」や「エコカラット+」などがそれにあたります。

これはすでに形成されているものを壁などに貼っていくだけなので、効果は実証されているものがそのまま発揮されます。

また、模様や色も豊富にあり、張り付ける簡単さからDIYで行う事も出来ます。

また、珪藻土のバスマットは有名ですね。

びちょびちょに濡れた状態で踏んでも足の裏は乾いているというほどの吸水性の高さから、非常に人気な商品になっています。

濡れてもすぐに乾いてくれて、すごく使い勝手のいい商品ですね。

お値段もお手頃なので、まだ使ったことない方は是非お試しください。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

今回は漆喰と珪藻土についての特徴を解説しました。

漆喰に比べ、珪藻土の方が調湿効果は高いものとなります。

しかし、ツルツルしたり鏡のようなピカピカな壁などは漆喰でないと出来ません。

似たような特徴を持った2つの素材ですが、好みによって選択が変わってくると思います。

 

今回は 珪藻土(けいそうど)、漆喰(しっくい)とは?特徴を解説 について解説しました。

御閲覧ありがとうございました。