住宅

斜線制限についてわかりやすくまとめて解説

今回は斜線制限、高さ制限についてわかりやすく解説します。

 

高さ制限とは

高さ制限とは大きく分けて4つあります。

北側斜線制限隣地斜線制限道路斜線制限絶対高さ制限

この4つにより建物の高さが制限されます。

他にも日影規制や高度地区などもありますが、今回は上記の4つをメインに解説します。

 

絶対高さ制限

絶対高さ制限とは、ある用途地域定められた住環境をよくするための高さ制限です。

この絶対高さ制限は第一種低層住宅専用地域、第二種低層住宅専用地域にしか適用されません。

この制限により、その地域では10mまたは12mを超える建物は建築できない事になっています。

原則は10mもしくは12mを超えて建築する事は出来ませんが、建築審査会の同意を得て特定行政庁の許可がある場合は、緩和措置を受けることが出来ます

第一種低層住宅専用地域、第二種低層住宅専用地域は絶対高さ制限があるので、隣地斜線制限は適用されません。

 

北側斜線制限

北側斜線制限とは当該敷地の真北側の高さを制限する法律です。

隣地側の南面の採光や通風を保護する目的で定められています。

この法律は第一種、第二種低層住宅専用地域および第一種、第二種中高層住宅専用地域にのみ適用されます。

その他の地域に関しては北側斜線制限は適用されません。

詳しくはこちらからご確認ください。

北側斜線制限とは【わかりやすく解説】北側斜線制限というものを聞いた事があるでしょうか。これは建築基準法に定められている高さ制限のひとつです。これがどのような規制なのかをできるだけわかりやすく解説します。...
北側斜線制限の緩和措置【徹底解説】北側斜線制限の緩和措置【徹底解説】 今回は北側斜線制限の緩和措置について解説します。前回北側斜線制限についてわかりやすく解説しました、今回は少し難しい話になります。...

 

隣地斜線制限

隣地斜線制限とは、当該敷地の隣地の採光や通風を保護する為の法律です。

第一種、第二種低層住宅専用地域には絶対高さ制限がある為、適用されません。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

隣地斜線制限とは【わかりやすく解説】隣地斜線制限とは【わかりやすく解説】 隣地斜線制限についてわかりやすく解説をします。隣地からの高さの制限がどのように決められているのかをかみ砕いてわかりやすく解説します。...
隣地斜線制限の緩和措置【徹底解説】隣地斜線制限の緩和措置【徹底解説】 今回は前回解説した隣地斜線制限についての緩和措置について解説します。隣地斜線制限にもいくつかの緩和措置がありますので、しっかり確認していきましょう。...

 

道路斜線制限

道路斜線制限とは、道路の日照や通風に支障をきたさない為に定められたものです。

道路斜線制限は「容積率」、「道路幅」、「用途地域」によって適用距離や適用角度が変わります。

他にも多くの緩和措置が定められています。

道路斜線制限とは【わかりやすく解説】道路斜線制限とは【わかりやすく解説】 道路斜線制限についての解説です。道路から既定の適用角度によって、建物の高さを制限する道路斜線制限。それをわかりやすく解説します。...
道路斜線制限~緩和措置について~【徹底解説】道路斜線制限~緩和措置について~【徹底解説】 今回は道路斜線制限についての緩和措置について詳しく解説します。少し難しい話になりますが、いくつかの緩和措置について出来るだけわかりやすく解説します。...

 

最後に

如何でしたでしょうか。

それぞれの斜線制限のまとめ記事です。

詳細については各項目のリンクより詳細の解説記事へ飛べるので、ご覧ください。

 

御閲覧ありがとうございました。