住宅

注文住宅と建売住宅、売建住宅の違いを徹底解説

マイホームの購入を検討していると、注文住宅、建売住宅、売建住宅、フルオーダー住宅、セミオーダー住宅など

色々と記載があり、なんとなくはわかるけど・・・って事があるのではないでしょうか

今回の記事は、それぞれの本来の意味を解説していこうと思います。

 

注文住宅とは

注文住宅と聞くと、お金をかけていい家を建てたんだなぁという印象を受けますよね。

私たちの家は不動産屋さんに注文して建ててもらったから注文住宅だ」と思っている方が大半だと思います。

実際、住宅屋さんやこの業界にいる人もそう思っている人は数多くいます。

別に間違っているわけではないのですが、本来の注文住宅とは、予め施主様が土地を所持している、若しくは土地を購入した状態で建物を建ててくれる業者様と契約して建てるものを言います。

業界では委託物件などと言われることもあり、全てお施主様と相談して建物の仕様を一から決めていきます。

とはいえ、最近は注文住宅でも土地とセットで売りに出していることが多く、言葉の意味合いも変わってきています。

注文住宅にも2種類あり、フルオーダー住宅セミオーダー住宅があります。

 

フルオーダー住宅とは

フルオーダー住宅とは一から全て一つ一つ決めていく方法です。

基礎はどういった種類で施工するか、土台や柱などの材種、サイズはどうするか等本当に一から請負業者様などと直接相談しながら決めていきます。

大体住宅メーカー様や、設計事務所様に相談される方が多いですかね。

なのでこだわろうと思えばいくらでもこだわった家が建てられます。

ただし、恐らくほとんどの方が専門的な知識がなく全てを説明してもらいながら決めていくため、莫大な時間と労力を要します。

また、それに請負業者様も付き合っていただくため金額的にも通常チラシなどで見るような値段とは比べ物にならないほど高くなります

高い反面、金銭的に余裕があるのであれば、他では見たことがないような唯一無二の住宅が建てられることは間違いないでしょう

時間的(数年程度)にも金銭的にも余裕があり、自分で調べたりして自分の思い通りの理想のマイホームが欲しいという方に最適の住宅ではないでしょうか。

非常に手間と時間がかかる為、フルオーダー住宅は受けない業者様も結構います。

まぁ普通の方ならセミオーダーで十分ですし、無難です。

 

セミオーダー住宅とは

セミオーダー住宅とは、フルオーダー住宅よりリーズナブルで間取りなどの自由度があり、自分のライフスタイルに合わせた設計が出来る住宅です。

簡単に言ってしまえば、ある程度の仕様が決まっている中で、自分の希望する間取りを叶える事が出来る住宅です。

建具の色や水回りなどはショールームで直接見て決めたり出来ます。

仕様が決まっている為、ある一定の制限はあります。

坪単価で価格が決まる事が多く、坪単価自体もその仕様に応じた金額設定がされている為、仕様外の商品を使いたい場合は別途費用がかかる事があります。

逆に仕様内の設備で自分が不要だと思うものを取り除きたい場合、例えば10万円の商品なので10万円引いてくれというのは難しい事が多く、逆に高くなる事もあります。

それは、決まった仕様で施工するという事で、各メーカー様からセットで注文するからという条件でかなり値段を抑えてもらっている事も多く、セットじゃなくなる事で割引がなくなるといったイメージです。

大体の場合はいくらかは引いてくれるか、値段が変わらない事が多いですね。

どうしてもこだわりたい部分であれば交渉してみてもいいかもしれません。

多少の制限がありますが、フルーオーダー住宅とは違い、ある程度仕様が決まっている為、楽で安く建てられる上、間取りや窓の位置などもある程度の希望が叶えられる為、理想の家にかなり近づけるのではないでしょうか。

フルーオーダー住宅と同様に間取りなどを考えるときにイメージ力が必要になってきますので、モデルハウスなどを見て回り、しっかりイメージを固めておく事が大事になってきます。

仕様が決まっている為、基本的には仕様通りの決まった仕事しかしてくれないので、仕様書を熟読し疑問があれば聞くようにしましょう。

 

建売住宅とは

建売住宅とは、恐らく皆さまが頭の中で思っている通りの住宅の事だと思います。

建売住宅とは、不動産会社様等が所持している土地に土地の所有者が家を建てて、土地と建物を合わせてお客様へお売りする物件となります。

もうすでに出来上がった状態で内覧なども出来るところが多く、お家のイメージなどが難しい方でも実際に見て購入できるので、「こんな風になると思ってなかった!!」というトラブルにもならないと思います。

建売住宅は全て仕様が決まっていて、同じ仕様で何件も施工出来るため、コスト的にも安く提供できる物件となります。

ただ、すでに完成している物件なので、自分のしたい事などを実現するのは難しく、こだわりたい部分が少しでもある場合は、それに近い物件を探し歩かないといけません。(こだわりたい内容によっては見つからない可能性も・・・)

逆にすでに完成している為、気に入ったところが見つかれば、手続きが済めばすぐに引っ越しが出来るメリットもあります。

 

 

売建住宅とは

売建住宅とは建築条件つき」の土地を購入し、家を建てるものです。

建売などとは違い、先に土地を購入します。

そして、「建築条件つき」とは、売主が指定した業者と請負契約を締結してくださいねという事です。

つまり注文住宅のように、好きな住宅メーカー様や知り合いの工務店様に頼んで建ててもらうということは出来ません。

請負業者指定なので、ある程度の仕様が決まっています。

なので土地を買って、決められた業者さんとセミオーダー住宅を建てる感じが多いです。

今は建築条件つきの売建住宅でも、すぐに家を建てるのであれば住宅ローンをまとめてしてくれるところも多く、今の住宅販売の主体的な売り方ではないでしょうか

住宅メーカー様が分譲地を造成し、売りに出すときは大体こんな感じになります。

 

最後に

以上、注文住宅、建売住宅、売建住宅の解説でした。

今現在は土地を不動産会社様から購入し、そのままセミオーダーで建築をして、土地とまとめて最後に一気に住宅ローンで決済するというのが主流になってます。

上記で解説した売建住宅ですが、土地のお金を先に払って住宅はあとで決済というやり方はお客様の負担にもなる為、分譲地などで売りに出しているところではほぼありません。

ぽつんとある土地を売りに出しているところなどは先に土地の決済をする事もあります。

土地と上物のローンを別に組むというのは難しいので、建築条件付きの場合は不動産会社様に相談されてみると対応してくれると思います。

金銭的にも時間的にも余裕がある方はフルーオーダー住宅で試行錯誤しながら理想のマイホームを建ててみるのも素敵かもしれませんね。

 

今回は 注文住宅と建売住宅、売建住宅、セミオーダー住宅の違いを徹底解説 について解説しました。

御閲覧ありがとうございました。