住宅

地鎮祭、上棟式は必要?ご祝儀の相場は?【徹底解説】

家の契約を済ませ、間取りや外観も決まり、着工までにする事の一つとして地鎮祭(じちんさい)というものがあります。

その後、棟上げの時にする上棟式(じょうとうしき)というものもあります。

みなさん、なんとなく聞いたことはあると思いますが、これは果たして必要なのか?

何のために行うものなのか、という事をわかりやすく解説させていただきます。

 

 

地鎮祭とは

地鎮祭とは、「じちんさい」または「とこしずめのまつり」といい、建築工事(土木工事)を始める前にその土地の氏神様(守護神様)を祀り、その土地を利用する事に対する許しを得るための行事です。

形式的には神式と仏式がありますが、ほとんどの場合は神式で執り行われます。

着工前の吉日に神職を招き、お供え物をし、祝詞をあげて、お祓いをします。

そして最初の鍬や鋤を入れ、工事の安全を願います。

地鎮祭は午前中に行われる為、大安先勝友引の日が吉日で好ましく、大抵その中で執り行われます。

出席者は施主様、不動産会社様、工務店様、神職様となります。

 

地鎮祭は必要?

必要かどうかと聞かれれば、気持ちの問題でもありますが、やった方がいいとは思います。

ここ最近はやられてる方が5割くらいでしょうか

ただ、神職をお招きして地鎮祭をしていただくので、地域などにより差はありますが5万円前後かかります。

また、地鎮祭の準備は施工店にお願いする事になる為、施工店にも1~5万円程度費用が発生します。

(どこまで準備をするかによって金額が前後します。)

金銭的に厳しいのであれば、神社で鎮物(しずめもの)や砂など一式を購入出来ます。

それらを買って、自分たちだけで簡易的に地鎮祭をする方もおられます。

 

簡易的な地鎮祭の方法

では簡易的な地鎮祭の方法をご説明させていただきます。

まず、洗米清酒粗塩を用意します。(神社に行かれた方はいただいたものも)

家が建つ土地の隅に西中心の順に洗米と清酒、粗塩を撒きましょう。

そして最後に手を合わせ、御祈りします。

これで簡易的な地鎮祭は終わりです。

自分たちで簡易的にする場合は施工業者なども立ち会わないので、都合のいい吉日の午前中に済ませてしまいましょう。

神社に行って鎮め物をもらった場合は、着工日までに施工会社様へお渡しするのをお忘れなく

鎮め物は大体の場合、初日に家の中心に埋めて捨てコンクリートを流してしまう為、必ず着工日までに届けるようにしてください。

 

上棟式とは

家の基礎が出来上がり、いよいよ棟上げです。

棟上げとは屋根の一番高い部分の部材を棟木というのですが、それを上げてしまうまでの作業の事を言います。

この日だけは大工さんが5〜6人集まって、一気に組み上げてしまいます。

棟上げが終われば、大体は1人か2人くらいで最後までやってしまいます。

今ではプレカット等の技術の向上に伴い、1日で進むスピードが上がった為、屋根の野地板まで貼ってしまうところがほとんどです。

中には壁の合板まで貼ってしまう大工さんもいます。

屋根まで貼ってくれれば直接中に雨が入ってくるのを抑えられますね。

そして夕方、作業が終わった後にあるのが上棟式です。

こちらも神式と仏式がありますが、今は大工さんや職人さんを労う場として神職を呼ばないことが多くなりました。

昔はお菓子やお寿司、お酒などを準備して、宴会みたいにしたりもしたのですが、今はやっても皆でお菓子をつまむ程度です。(昔はみんな当たり前のように飲酒運転だったとか・・・)

今では上棟式も略式で行われる事が多く、施主様が棟梁と応援に来てくれた大工さんに棟上げお疲れ様です。これからの工事もよろしくお願いします。という意味も込めて、ちょっとした手土産とご祝儀を渡します。

これは人数が多くなりますが、大工さん全員に渡します。

また全ての工事を統括して管理してくれる工務店様、不動産会社の営業様にも渡す方がいいでしょう。

 

上棟式は必要?

こちらもどちらかと言えばした方がいいものではあります。

特に地鎮祭をされた方は大体されます。

ただ、こちらも金額がかかる為、されない方もいらっしゃいます。

これも気持ちの問題ですので、やらなければ工事が雑になる、ということはありません。

半数くらいの方がされていません。

ただ、上棟式をされない場合でも後日、棟梁だけにでもご祝儀を持って行って「よろしくお願いします」と声をかけておくだけでも随分の気分が違うので、検討されてみてはいかがでしょうか。

やはり棟梁も人ですので、顔を合わせて挨拶するだけでも全く顔も見せない方より気分良く仕事をしてくれます。

誰でも気分良く仕事できると、いい仕事も出来ますよね。

どうしても予算的に厳しい場合はコーヒー一本でも持って挨拶しに行くだけでも全然違うので、ぜひしてください。

ちなみに、地鎮祭の時に営業様や工務店様にご祝儀を渡している場合は、上棟式でのご祝儀は必要ないので、二重に渡す必要はありません。

渡しても断られることはないでしょうが・・・

 

上棟式を行う際の祝儀の相場は?

上棟式をするにあたって、手土産はなんなりと準備出来るとして、気になるのは祝儀にいくらほど包めばいいのか

流石にお金の事なので、担当の営業様や工務店様に聞き辛いですよね。

祝儀には決まりごとがあり、基本的には奇数にする。

ただし奇数でも9万円は❌

ここ最近では2はペア8は末広がりという事でOKという風潮もあるようです。

しかし、昔ながらの誰でも知っているルールに則った方が無難かと思います。

2や8は最近ではいいとしても、知らない人からしたら「非常識だな」と思われるかもしれません。

では、本題の祝儀の相場について

棟梁は家がほとんど完成するまでほぼ毎日現場で頑張ってくれる、第二の現場監督のような存在です。

なので基本的には差をつけて少し多めに渡す事が多いです。

ご祝儀の相場

  • 棟梁     3万円〜5万円
  • 応援の大工  1万円~3万円
  • 担当営業   1万円~3万円
  • 工務店    1万円~3万円

こんな感じです。

あくまで相場ですので参考程度にご覧ください。

大事なのは気持ちです。

 

最後に

今回は、地鎮祭上棟式について解説させていただきました。

昔と違い今は両方やらず、お家が完成するまで一度も現場に来られない方もいます。

もちろんそれでも全然問題はないのですが、やはり一度くらいは棟梁に挨拶に行くことをおすすめします。

ご祝儀など、「ただでさえ高い買い物なのに、なんでご祝儀まで渡さないといけないんだ!」と思うのではなく、これくらいで気持ちよくいい仕事してくれるなら安いものだと思いましょう。

それに棟梁と仲良くしておくと、ちょっとした無理を聞いてくれたりするかもしれませんよ。

上記でも書いた通り、何もしないからといって仕事が雑になることはないので、その点はご安心ください。

地鎮祭も上棟式も、なかなか何度も経験できるような行事ではないので、せっかくのマイホームですので記念にやってみてはいかがでしょうか?

写真や動画などに残しておくと、将来見返したりする楽しみも一つ増えますよ。

地鎮祭を自分達だけで簡易的にやる場合は、担当者様に確認して、地盤改良などがある場合は日にちを聞いておきましょう。

改良してる日に行くと、まず何も出来ずに帰ることになります。

地鎮祭にしろ上棟式にしろ、やる場合は早めに担当者様にご相談ください。

 

今回は 地鎮祭、上棟式は必要?ご祝儀の相場は?【徹底解説】 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。