住宅

床(フローリング)に穴!?近くには木くずが・・・【徹底解説】

この記事にたどり着いたという事は、実際に今住宅の床に穴が空いて困惑している状況でしょうか。

今回の記事はその原因について解説していきたいと思います。

 

 

床に穴?近くには木くずが・・・

最初に見たときはびっくりしますよね。

なかなかすぐに気づきませんが、ふとしたときにフローリングをじっと見てみると、ゴマくらいの1~2mmほどの小さな穴が・・・

その小さな穴は近くにいっぱい空いていて、その近くには木くずが小さな山になって落ちてないでしょうか?

もしくは壁に穴が空いていて、その下の床に木くずが落ちてませんか?

もしそうなら原因はおそらくあの虫です。

 

原因はキクイムシ

おそらくその穴の原因はキクイムシという虫です。

種類としてはヒラタキクイムシだと思われます。

虫が苦手な方もいるため、画像を貼るのは控えますが、体長3〜7mmほどの赤褐色もしくは黒褐色長細い虫です。

ヒラタキクイムシは木材の中の蛹(さなぎ)が成虫になり、木材の中から脱出するための穴です。

幼虫の頃に食べた食べかすや、脱出の際に出たものが近くにある木材の粉になります。

 

ヒラタキクイムシの生態

ヒラタキクイムシは春から夏頃に発生します。

ヒラタキクイムシは幼虫の餌となる木材の導管(木の水などを送る管)に産卵管を差し込み、産卵します。

一度に1〜4個ほどの卵を産み付け、合計で50個ほどの卵を産みます。

卵は10〜20日ほどで孵化し、およそ10ヶ月程度、その木材を食い荒らします。

そして翌年に蛹(さなぎ)となり、8〜20日ほどで成虫に成長し、穴をあけて飛び出し、再び産卵をします。

ヒラタキクイムシはどんな木材でも関係なく食べるというわけではなく、ラワンなどの広葉樹や、ナラ・タモ・ケヤキなどの辺材を好んで食べます。

辺材とは樹皮に近い部分の木材のことです。

これは心材や針葉樹には導管がなく、卵を産み付けられないためのようです。

よって、住宅の構造重要な柱や梁や床版に使われる杉やヒノキ、針葉樹は食べません

なので、ヒラタキクイムシが出ても、家の重要な部分は食べられることはありません。

ラワン材は壁の下地補強が必要な部分に使われており、そういう部分は壁から出てくることがあります。

もし、家にヒラタキクイムシが出た場合は被害がそれ以上拡大しないように早急に対処をする必要があります。

では次の項目で対処法をご紹介します。

 

対処法

さて、原因がヒラタキクイムシとわかったところで、早急に対処しなければ再び卵を産まれ被害がどんどん拡大していく事になりますので、正しく対処しましょう。

ホームセンターなどで、キクイムシ用の殺虫剤が売ってます。

これには専用の細いノズルがついており、そのノズルをフローリングの穴に差し込み、中に吹きかけます。

全箇所吹きかけてください。どこに卵を産んでるかわかりませんので。

ただこれも1回で完全に駆除しきれるとは限らないので、翌年も出たらすぐ吹きつけるようにしましょう。

結構な数の卵を産んでいるため、1回で駆除し切れなかったものが来年出てくるので、出たら都度都度吹きかけましょう。

2年、長くても3年その時期に出てきたら吹きかけるようにしていればいなくなると思います。

ですので、殺虫剤も捨てずに置いておくといいと思います。

もし近くにホームセンターがない場合は、通販でも販売しているので、ご活用ください。

空いた穴の補修方法

さて、ヒラタキクイムシは殺虫剤で駆除できたとして、穴だけが残ってしまっています。

特に問題はないとはいえ、見た目がよくないですし、その穴を見るたびにヒラタキクイムシを思い出すのも嫌ですよね。

専門の業者様に依頼する方法

まずは専門の業者様に依頼する方法です。

お家を建ててくれた工務店様や不動産会社様にお願いしたらやってくれると思います。

もちろん費用はかかりますが・・・

しかし、プロなので知っていてもわからないくらいのレベルまでに仕上げてくれます。

完璧に仕上げたい場合はプロに依頼しましょう。

 

自身で補修する方法

もう一つの方法は、ホームセンターにフローリングの補修キットが売っているので、ご自身で簡易的に補修する方法です。

クレヨンのようなものがあるので、それを穴に埋め込む感じでやれば初めてでも綺麗に補修できると思います。

また、熱で溶かして穴に充填するタイプもあります。

ただご自身のお家のフローリングに合う色がないかもしれないので、近い色でやるしかないと思います。

色をどうしても合わせたい場合は前者の方法になる為、工務店様に依頼して補修屋さんに来てもらいましょう。

 

 

 

最後に

さて今回はヒラタキクイムシの事について解説させていただきました。

ヒラタキクイムシは殺虫剤でご自分で対処することが出来ますが、心配な場合は専門業者様に問い合わせの上、対処されるとよいと思います。

私が今まで問い合わせいただいたお客様はみんな自分で殺虫剤で対処されていますが、問題なく出てこなくなったようです。

呼ばれた時は殺虫剤を購入して、こちらで対処させていただいたこともあり、「また出たらご連絡ください」とお伝えして終わるのですが、それから翌年以降連絡が来ることは今までなかったので、効果としては十分だと思われます。

穴の補修については業者様に頼んだ場合は1〜2万円はかかるので、あとはご自身でやるかどうかをご検討ください。

 

今回は 床(フローリング)に穴!?近くには木くずが・・・【徹底解説】 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。