住宅

住宅購入する際、含まれない工事とは【徹底解説】

建売住宅を買う際はもちろん、現状付いているもの以外が後から取り付けられることはなく、現状のまま買うことになるのですが、売建住宅やセミオーダー住宅の場合、当たり前に付いているものと思っていたらついていなかったという事があるかもしれません。

もちろん依頼したものは例外です。

建売住宅や売建住宅の違いが判らない方はこちらの記事をご覧ください。

注文住宅と建売住宅、売建住宅の違いを徹底解説注文住宅と建売住宅、売建住宅の違いを徹底解説 今回の記事では注文住宅、建売住宅、売建住宅の違いについて解説します。よく言葉は耳にするけどわからない方は是非ご覧下さい。...

今回の記事は、通常多くの場合は標準の工事に含まれない工事の解説をしていきたいと思います。

 

アンテナ工事

最近はインターネットの引き込みとセットで、電話やTVの契約をされる方が非常に多くなりましたので、こちらは気にならない方も増えたのではないでしょうか。

とはいえ、インターネットを繋がない方や、TVをセットで申し込まない方もいるので、ないと困りますよね。

こちらのアンテナ工事については基本的には別途工事になります。

なので、引っ越しの前に電気屋さんで購入し、取り付けてもらうようにしましょう。

取り付けてもらわないと、引っ越し早々テレビが見れない状態が続くことになります。

もちろんインターネットでTVをセットで契約される方も、引っ越し前に工事が完了するようにお願いしておきましょう。

工事前に事前調査でお家の中を確認しに来る為、出来るだけ早いめに連絡しておくようにしてください。

DXアンテナ様より引用

上記のような八木式の屋根に建てるタイプはよく見ますね。

高い位置に設置する為、電波の入りは一番いいのではないでしょうか。

maspro様より引用

こちらは壁付けタイプのアンテナです。

見た目がスマートで、最近人気の商品です。

ただし、壁に取り付ける為、障害物が多いと電波の入りが悪くなる場合があります。

他にも壁付のアンテナは違うメーカー様より発売されていますので、気になる方は調べてみてください。

アンテナ工事自体は通常標準工事に含まれていませんが、工務店様か担当者様に追加費用を払えば付けてもらえるので、希望する場合はご相談してみてください。

家電屋さんで依頼する場合、いっぱい新生活の家電を購入するなら、設置工事代はおまけしてくれるかもしれませんね。

 

カーテンレール工事

続いてはカーテンレール工事です。

新築なので、カーテン屋さんに依頼して購入される方は、恐らくカーテン屋さんが採寸などを現地にしに来てくれて、そのまま設置までしてくれると思います。

そのお店によって、やり方が違うので聞いてみるといいと思います。

カーテン屋さんに依頼せず、自分たちで買ってきて取り付ける場合は工具がないと非常に苦労することになります。

カーテンレールは壁にビスで止めるものがほとんどですが、とてもじゃないですが手で取付出来るものではありません。

腕がパンパンになります。

もしインパクトドライバーなどの工具があるなら、位置と水平を合わせて取り付けるだけなので、どうにか出来ると思います。

工具も慣れないと扱いが難しいので、うっかり壁に穴をあけてしまったってお客さんもいましたが・・・

もしご自分でされるなら、伸縮して長さを調整出来るタイプにしましょう。

調整が出来ないものを買うと長さを調整する為に切断しないといけない為、また別の工具が必要になってきます。

もし既にレールもカーテンも買ってしまった、カーテン屋さんに頼むと高いからどうにかしたいという方は、工務店様に相談してみてください。

取り付けの数や種類にもよりますが、おそらく1~2万円までで取り付けてくれると思います。

DIYをするのに必要な工具8選+α
DIYをするのに必要な工具8選+αここ数年人気のDIY。自分も始めてみたいけど、どんな道具が必要なのか、何があれば便利なのか最初はなかなかわからないですよね。そういったDIYを始める人にオススメの工具を紹介します。...

 

 

空調のダクト工事

次はお客様によく聞かれる空調のダクト工事です。

電気図面でエアコンの位置が決まっているので、早い段階で工務店様や担当営業者様にお願いすればスリーブを抜いてくれます。

ただし1か所、約4~5,000円ほどかかると思います。(業者による)

通常30坪ほどの4LDKですと、大体5か所ほど取り付けることになる為,約25,000円ほどかかってきます。

なので大体の場合が購入する家電屋さんにお願いする方が多いです。

家電屋さんでエアコンを買う場合、取付工事代も含まれている事が多い為、セットで全てやってくれます。

家電屋さんにお願いする場合、筋交い等の耐力壁を探せない為、構造の図面をご用意ください。

 

エアコンの事を調べていたら出てきたり、実際に私のお客様から聞いた事もあるのですが、何も見ずに筋交い(構造上重要な部材)を貫通させたり、あけた穴から雨漏りがあったケースもあるようです。

一部の家電屋さんの一部の手の悪い職人さんに当たったのだとは思いますが、そういうトラブルはあるようです。

もし図面を見せてほしいと言われずに急に壁に穴をあけようとしたら、止めた方がいいかもしれません。

どうしても心配な方は工務店さんに依頼しましょう。

 

ロフト

なんか特別な感じのイメージがある(?)ロフト

こちらももちろん費用がかかります。

材料も通常の空間を作るより多くいるので、当然ですね。

材料費もですが、手間も非常にかかる為思っているより高くかかるかもしれません。

メディアとかでもロフトがあっていいなぁとかいい印象が強くて、新築でも希望される方が多いように思っていたのですが、思ってる以上に要望は少ないないですね。

追加費用が掛かるから断念されているのか、もともと希望したいとも思っていないのかはわかりませんが・・・

たまたま私のところのお客さんの希望にないだけかもしれませんね。

 

小屋裏収納

続いて小屋裏収納です。

こちらも何もないはずのところに収納空間を作る為、費用は掛かります。

とはいえこの小屋裏収納、必要のないものを入れておくのに非常に便利です。

今の家は間取りにこだわるお客様が多くなりましたが、住んでから言われる事は「収納をもっと取っておけばよかった!」という事です。

間取りを考える際は、収納量も合わせてお考え下さい。

どうしても場所が取れない場合は小屋裏収納という手もありますね。

 

ベランダの屋根

ベランダの屋根部分は基本的には追加費用がかかります。

ただ、最近は少しくらいであればサービスで大屋根をかけてくれるところもあるにはあります。

ほとんどの場合は追加費用を支払い大屋根をかけてもらうか、アルミ製品で屋根をかける場合がほとんどです。

またベランダの物干しざおを掛ける竿掛けも別途な場合があります。

大屋根をサービスしてくれるところは、大体一緒に付けてくれるところが多いですが、アルミ製品で屋根をする場合は竿掛けをセットに出来るので、一緒に依頼しておきましょう。

ベランダに屋根をかけない場合は壁に取り付ける竿掛けもあります。

素人工事では取付が難しいので業者様に依頼して付けてもらいましょう。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

言われてみれば当たり前と思うかもしれませんが、後半のロフトや、小屋裏収納は間取りを決める段階での話ですが、前半の内容は意外と考えてなかったものが多いのではないでしょうか。

特に引き渡しが終わってからの工事になるものばかりなので、引っ越しの日を決めてしまっていた場合、なかなか不便な思いをする事になるかもしれませんね。

 

 

今回は 住宅購入する際、含まれない工事とは【徹底解説】 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。