住宅

アルミサッシと樹脂サッシ、複合樹脂サッシの違いと窓の種類

今回はアルミサッシ樹脂サッシ複合樹脂サッシの違いとサッシ(窓)の種類について解説していきたいと思います。

住宅を購入する上で、用語として出てくるので、覚えておくと便利なので是非覚えてください。

アルミサッシとは

アルミサッシはその名の通り、アルミニウム合金で出来た素材で非常に加工がしやすく、もっとも一般的な窓になります。

加工もしやすく値段的にも低コストな事から、日本では9割ほどがこのサッシを使っています。

ただ、金属であるため熱伝導率が高く結露がしやすい欠点がある。

ペアガラス(複層ガラス)が普及したことに伴い、結露が減ってはきています。

ペアガラス(複層ガラス)とは2枚のガラスの間にアルゴンガス等を封入もしくは真空状態にしたもので、その中間層が厚ければ厚いほど断熱性能は増しますが、厚くしすぎると対流が生まれる為、中間層にガラスを1枚追加し、トリプルガラスのサッシもあります。

 

メリット

  • 耐久性に優れる
  • 安価

デメリット

  • 熱伝導率が高く結露しやすい

樹脂サッシとは

樹脂サッシとは窓の枠の部分を全て塩化ビニール樹脂で作成したものです。

樹脂サッシは、断熱性、気密性に優れている為、寒冷地を中心に普及が進んでいる商品です。

また熱伝導率がアルミサッシに比べ非常に低く、室内温度が約2〜4℃差が出るほどです。

またトリプルガラスの商品にするとさらに断熱性があがります。

断熱性が高い事で、結露が生じにくく、カビなどの防止にも繋がります。

また気密性に優れている事により、防音効果にも優れます。

ただやはり、樹脂である為アルミサッシに比べると耐久性が劣ります。

また強度がない事をカバーする為、肉厚にしている事もあり、アルミサッシより重くなっています。

そして、アルミサッシと比べると非常にコストがかかります。

業者様によってはアルミサッシの2倍近くする場合もあります。

 

メリット

  • 断熱性に非常に優れる
  • 機密性が高い為、防音性に優れる
  • 結露がしにくい

デメリット

  • アルミサッシと比べると耐久性が劣る
  • 少し重い
  • コストが高い

複合樹脂サッシとは

複合樹脂サッシとは、外部側はアルミのフレーム、内部側は樹脂のフレームを使用した複合サッシです。

上記で記載した、アルミサッシと樹脂サッシのいいところを取ったような商品です。

アルミサッシより断熱性、機密性が高く結露が出にくいです。

外部側がアルミフレームの為、樹脂サッシより耐久性に優れ樹脂サッシと比べると軽くなっています。

とはいえ、やはり半分半分の為、1つの素材を使っている樹脂サッシに比べると断熱性、気密性は劣ります。

そして、やはりコスト的には高くなります。

コストはアルミサッシと樹脂サッシの間くらいのイメージです。

メリット

  • 外部側の耐久性がアルミフレームと同じ
  • アルミサッシより断熱性、気密性に優れる
  • 樹脂サッシと比べると軽い
  • 結露はしにくい

デメリット

  • 断熱性、気密性は樹脂サッシには劣る
  • コストが高い

Low-Eガラスとは

ついでにLow-Eガラスの解説もさせていただきます。

Low-Eガラスとはペアガラスなどの中間層側の片方に特殊金属膜をコーティングしたものです。

この金属膜をコーティングする事で遠赤外線の反射率を高め、中空層の放射による熱伝達を抑え断熱性をあげているガラスになります。

この特殊金属膜を室外側のガラスにつけるか、室内側のガラスにつけるかによって、断熱ガラスと遮熱ガラスを使い分けることができます。

 

各サッシの種類

それでは各サッシの名称と種類をさっと解説していきます。

引き違い窓

YKK AP様より引用

こちらはよく見る引き違い窓です。

床からの大きい窓を「掃き出し窓」といい、腰くらいの高さから上に付いている窓を「腰窓」と言います。

シャッター付きもあり、窓の半分が最大開口となります。(窓を外すことで全開口可能)

またサイズによっては3枚建や4枚建のサッシもあります。

腰窓は面格子取り付け可能です。

上げ下げ窓

YKK AP様より引用

こちらは上げ下げ窓です。

引き違い窓を90℃回転させたような形ですね。

こちらは下から上にあげて開口します。

面格子の取り付けは可能です。

縦滑り窓

YKK AP様より引用

こちらは縦滑り窓と言います。

部屋内から外に向かって開きます。

吊り元側に隙間があるので、手を入れて外側を洗う事も出来ます。

オペレーターハンドル(くるくる回して開くハンドル)の場合は半開、全開と選んで調整する事も可能なものもあります。

デザイン性を重視した家につけられる事が多いですが、換気や採光的には不利です。

外に開く為、面格子は取り付け不可です。

すべり出し窓

YKK AP様より引用

こちらはすべり出し窓です。

横滑り窓と言う事もあります。

下から外側に開いて行く為、雨が降っても部屋内側に吹き込みにくい構造になってます。

こちらも外側に開く為、面格子の取り付けは不可です。

両開き窓

YKK AP様より引用

こちらは両開き窓です。

個人的にはハ○ジのイメージがあります。

アニメなんかではよく使われてるイメージがありますね。

一般的には採用する事が少ないと思います。

こちらも外側に開くので面格子の取り付けは不可です。

内倒し窓

YKK AP様より引用

こちらは内倒し窓です。

こちらは部屋内側に倒して開くタイプの窓です。

内側に倒す為、面格子の取り付けは可能です。

ルーバー窓

YKK AP様より引用

こちらはルーバー窓です。

こちらはハンドルをクルクル回す事で全ての窓が均等に開いていく窓です。

こちらはお風呂や洗面所で使われる事が多いです。

ただし、この窓は準防火地域以上の防火区域では使用できません。

また隙間が多く、断熱性能も劣るため使用頻度が下がってきています。

こちら面格子取り付け可能です。

FIX(フィックス)窓

YKK AP様より引用

こちらはFIX(フィックス)窓です。

この窓は光を取り入れるのを目的とした窓で開閉は出来ません。

開閉が出来ない代わりに、フレーム部分と可動部分の枠を別で作る必要がなく、フレーム部分だけでいい為、ガラス部分が同じサイズの窓よりも大きくなり、より光を取り入れる事が出来ます。

面格子の取り付けは可能です。

面格子

YKK AP様より引用

こちらは窓ではないですが、面格子です。

防犯用で取り付けるもので、縦格子、横格子、ラチス格子(斜めにクロスしている格子)、井桁格子(碁盤の目のように縦と横に桟が付いた格子)4種類あります。

また、より防犯性を高めたい場合は高強度の外壁に直接取り付ける格子もあります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

前半のアルミサッシ、樹脂サッシ、複合樹脂サッシ断熱性や気密性コスト面を考慮しつつ判断されるのが良いかと思います。

また樹脂サッシや複合樹脂サッシにされる場合は本体の断熱も上げておくとより効果的です。

費用はかかりますが、光熱費などが削減できる為、初期投資としては良いのではないでしょうか。

サッシの種類に関しては、打ち合わせの際など覚えておくと話がスムーズにできる為、便利とは思いますが、全部覚えると大変なので、自分で使いたい窓だけでいいので覚えておくといいと思います。

また地域によっては多少呼び方が違うかもしれませんが、大体この名称で伝わります。

いろいろ専門用語が飛び交うので、少しでも頭に入れておくと混乱せずに話が聞けると思います。

 

今回は 【徹底解説】アルミサッシと樹脂サッシ、複合樹脂サッシの違いと窓の種類 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。