住宅

坪単価とは【徹底解説】

【マイホーム】坪単価とは

今回は住宅を購入する際に目安となる坪単価について解説をしたいと思います。

坪単価とは

それでは坪単価とはなんなのか解説していきます。

坪単価とは、建物本体の1坪あたりの金額のことです。

1坪とは畳2枚分の大きさの事です。

㎡でいうと、約3.3㎡となります。

図面では㎡で表記されている事が多いです。

㎡を坪数に換算するには㎡に0.3025を掛けたものが坪数となります。

つまり、100㎡だった場合

100㎡ × 0.3025 = 30.25坪

となります。

そして、大体は小数点第3位以下は切り捨てになっている事が多いですね。

最終的にはかかった費用を坪数で割った数字が坪単価になるわけですが

各住宅メーカー様の標準仕様での坪単価は決まっています。

なので、その坪数に応じた金額に諸経費など諸々を足し合わせたものが

住宅を購入するための費用となります。

 

少し坪数が増えるだけで、なぜそんなに値段が上がるの?

坪単価で建物本体の計算をしていると、たまにお客様から言われる事。

例えば坪単価が50万円だとします。

そしたら当初の図面から1坪(畳2枚分)増えると金額が50万円増えることになります。

疑問に思う人であれば、「たった1坪増えるだけでなんでこんなに値段が上がるんだ!」って思ったり言いたくなることありますよね。

ただ、逆も同じことで1坪減ると50万円下がります。

こういうシステムだと思ってください。

坪単価計算する場合は坪数が基準になるため、増える時も減る時も同じ条件です。

坪単価というのは、ある程度の坪数があることを前提に、本来全てを見積もりしたら高いものを各建材メーカー様と色々な交渉を経て、比較的安く提供できるようにしてくれています。

ですので、ちょっと増えるから金額もちょっとしか上がらないという理屈ではありません。

このへんを勘違いされている方が多いのですが、増えた分だけ、減った分だけというのは全てを見積もりして建てる工事でしか出来ない方法です。

ただそれをすると、同じ仕様でも確実に高くなるので、坪単価で計算してくれているのは、お客様にとっては確実に得なシステムです。

1坪あがってその坪単価分上がってしまうのはそういったシステムで、結果的には得になっていると理解しておきましょう。

 

坪数が大きい家を建てる時も同じ単価なの?

さて、坪単価で計算するのはお客様にとってはお得という話を前項でしましたが、坪数が大きい家の場合はどうでしょうか。

前項で説明した通り、坪単価で計算する方がお得なのかというと、実は坪数が増えれば増えるほど、坪単価で計算する方が高くなっていく傾向になります。

どういうことでしょうか。

坪単価で計算する場合、一般的に標準的な坪数とは30〜40坪程度が多いため

その中で利益が出るように計算されています。

その坪単価は最低限の設備が全て含まれているものを30〜40坪に分散して坪単価にしているため、坪数が増えれば増えるほど損になります。

なのである一定以上大きい坪数の場合は、いくらか安くしてくれる会社もあります。

それは各会社様の決まりがあるので、一度聞いてみましょう。

大体の目安ですが50〜60坪以上になってくると安くなる可能性があります。

それくらい大きな家を建てる場合は交渉してみましょう。

会社の方針で下げられない会社もありますので要確認です。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

今回は坪単価の仕組みについての解説をさせていただきました。

1坪しか増えないのになんでこんなに費用が増えるんだって言ってしまった事はないですか?

結構な割合で勘違いされている方がいるのですが、実際はお得なシステムですので理解した上で、大きい家を建てる場合は交渉しましょう。

また逆も同じで、ある設備がいらないから、その分安くしてくれというのも実際難しい部分があります。

例えば「2階にトイレがいらないので、トイレの代金を減らしてくれ」というのも、その工事店様の仕入れ方によって変わりますが、1階2階の2台のトイレを入れるので、セットで安く仕入れている場合、1台になるとその割引がなくなるため代金を引けない可能性もあります。

物によっては逆に高くなる可能性も。。。

坪単価で値段を決めている場合、そういったセット商品で仕入れるため、引けば安くなるというわけじゃない事も多々あります。

そこも理解しておきましょう。

 

今回は 坪単価とは【徹底解説】 というテーマの記事でした。

御閲覧ありがとうございました。