住宅

次世代住宅ポイント制度 ~新築編~【徹底解説】

消費税が増税することに伴い、国からいくつかの支援措置があるというお話は以前させていただきました。

その中で、今回は次世代住宅ポイント制度について解説させていただきます。

 

次世代住宅ポイント制度とは

まず次世代住宅ポイント制度とは、2019年10月の消費税増税に伴い需要のバランスを平準化させるために日本政府が定めた一定の基準をクリアした住宅に対して給付するポイント制度の事です。

以前にも住宅エコポイントというものがありましたが、似たような制度となります。

要は、一定の基準をクリアしている住宅を建てたり、リフォームでつけたりしたら色んな商品と交換できるポイントを上げますよっていう制度ですね。

ただ普通に建てるだけではなく、一定の省エネ、耐震性、バリアフリー性能などを満たす住宅や、家事を軽減させる設備を備え付けたものを建てる必要があります。

それらを満たすことで、最大35万ポイントがもらえます。(予算がなくなり次第終了

ではどんな基準で建てればいいのか。

大まかな内容と、その他の支援措置についてはこちらで解説しています。⇓⇓⇓

消費税が上がる前にマイホームを買うべきか【徹底解説】消費税が上がる前にマイホームを買うべきか【徹底解説】2019年10月からいよいよ消費税が8%から10%に増税されます。この記事では消費税増税前にマイホームを購入するべきかどうかについて解説します。...

まずは新築で建てた場合、以下の基準のいずれかをクリアしている場合30万ポイントが支給されます。

A

  • エコ住宅(断熱等級4又は一次エネ等級4を満たす住宅)
  • 長持ち住宅(劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2等を満たす住宅
  • 耐震住宅(耐震等級2を満たす住宅又は免震住宅)
  • バリアフリー住宅(高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅)

少しややこしいですが、わかりやすく言えば

  • 断熱性能が高い家
  • メンテナンスがしやすい家
  • 耐震性が高い家
  • バリアフリーを考慮した家

ざっくりわかりやすく書くとこんな感じです。

家にとっても、居住者にとってもメリットの高い条件ですよね。

この中のいずれかをクリアすることで30万ポイントが給付されます。

ただし、2つ以上クリアしたとしても、30万ポイント以上はもらえません。

この中で1つ以上クリアすれば30万ポイントと思ってください。

 

上記に加え、さらに性能の高い住宅にすることで、+5万ポイントが付与され、最大の35万ポイントが給付されます。

その条件が以下の基準のいずれかとなります。

B

  • 認定長期優良住宅 
  • 低炭素認定住宅
  • 性能向上計画認定住宅
  • ZEH

こちらですが上記のAにプラスしてクリアすれば+5万ポイントとなってはいますが、こちらのBをクリアすることでAの内容をクリアすることになるので、Bのいずれかをクリアすれば35万ポイントを得ることが出来ます。

そして、最後に家事を軽減する設備のポイントです。

こちらは上記のBとクリアし、35万ポイントに達している場合は付与されません。

最大で35万ポイントですので、ご注意ください。

C

ビルトイン食洗機 1.8万ポイント
掃除しやすいレンジフード 0.9万ポイント
ビルトイン自動調理対応コンロ 1.2万ポイント
掃除しやすいトイレ 1.8万ポイント
浴室乾燥機 1.8万ポイント
宅配ボックス 1万ポイント

こちらは設置台数ではなく、設置した設備の種類ですので、例えば「掃除しやすいトイレ」を1階2階に2台取り付けたとしても、ポイントは1.8万ポイントになります。

また繰り返しになりますが、最大で35万ポイントを超えることは出来ません。

上記の商品について、いかなる基準があるのか次項解説させていただきます。

 

対象となる製品の基準とは

では、上記のC部分の設備はどういった基準でクリア出来るのか解説します。

ビルトイン食洗器 電気用品安全法に規定する「電気食器洗機」で、組込型であること。
掃除しやすいレンジフード

(1)~(3)のすべてを満たすものであること。

(1)電気用品安全法に規定する「換気扇」である。
(2)レンジフードのファンの形態が「遠心送風機型」である。
(3)次の1~4のいずれかの部品を備えている場合に全てが①または②の仕様になっていること。
1.整流板
2.グリスフィルター
3.ファン
4.油受け皿
①工具を使用せずに取り外し洗う事が出来るもの。
②レンジフードの清掃の際、水(ぬるま湯)や台所用洗剤を使用する事で、油煙汚れを除去しやすくするために、「はつ油(性)処理」、「親水(性)処理」または「ホーロー(琺瑯) 処理」のいずれかの表面処理を施したもの。
ビルトイン自動調理対応コンロ

JIS S2103 に規定する「ガスコンロ」、電気用品安全法に規定する「電磁誘導加熱式調理器」のうち、組込型で(1)および(2)を満たすもの。

(1)コンロ部に設定した温度に自動で調節する自動温度調節機能がある。
(2)コンロ部またはグリル部に、調理開始から調理終了まで手動で操作を行わずに調理する自動調理機能がある。なお、炊飯機能は必須。
掃除しやすいトイレ 電気用品安全法に規定する「電気乾燥機」、「換気扇」または「ファンコイルユニットおよびファン付コンベクター」で、乾燥運転時に、換気運転と連動し温風で浴室内や浴室内に干された衣類の乾燥を行うもの(浴室内の天井に設置されるものに限る。)であること。
浴室乾燥機

次の(1)~(3)のいずれかを満たす節水型トイレであること。

(1)総高さ700mm 以下に低く抑えている。
(2)背面にキャビネット(造作のものは除く。)を備え、洗浄タンクを内包している。
(3)便器ボウル内を除菌する機能を備えていること。(便器のコーティングのみのものは対象外。)
宅配ボックス

次の(1)~(4)の全てを満たすものであること。

(1)保安性、保管箱の防水性等の機能が確保されている。
(2)保管箱の剛性、錠の施錠強さ等の機械的な抵抗力および安定性が確保されている。
(3)使用時の安全性および保安性が確保されている。
(4)表面の抵抗性、部材の耐食性等の耐久性が確保されている。

以上が基準となります。

ご不明の際は各メーカーにお問い合わせください。

 

どんな商品と交換できるの?

上記でポイントの獲得方法が分かったところで、次に気になるのはどんな商品と交換可能なのか?ですよね。

これも先日発表がありました。

家電から食料品、インテリアなど、様々な商品からお選びいただけるようになってます。

商品につきましては順次追加していくとの事ですが、今あるものだけ見ても結構色々あって確認するだけでも大変でした。

商品の内容についてはリンクを貼っておくので、そちらをご覧ください。

国土交通省-次世代住宅ポイント交換

新生活に必要な家電なども数多く揃っているので、一度ご確認ください。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

以前にもざっと解説させていただきましたが、今回は次世代住宅ポイント制度に焦点を当てて解説させていただきました。

内容が被る部分もありますが、消費税増税後の支援措置は他にもありますので、繰り返しとなりますが知りたい方は下のリンクよりご確認いただければと思います。

消費税が上がる前にマイホームを買うべきか【徹底解説】消費税が上がる前にマイホームを買うべきか【徹底解説】2019年10月からいよいよ消費税が8%から10%に増税されます。この記事では消費税増税前にマイホームを購入するべきかどうかについて解説します。...

リフォームに関しては次回の記事で解説させていただこうと思います。

 

今回は 次世代住宅ポイント制度 ~新築編~【徹底解説】 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。

次世代住宅ポイント制度 ~リフォーム編~【徹底解説】次世代住宅ポイント制度 ~リフォーム編~【徹底解説】10月から消費税が10%に増税されることに伴い、住宅の緩和措置として次世代住宅ポイントがあります。リフォームについてもポイントが受けられます。...