住宅

耐震等級ってなに?1~3でどう違うの?【徹底解説】

最近よく耳にする様になった耐震等級という言葉。

なんとなく地震に強いんだろうなぁというイメージはあると思いますが、実際にどのような基準で決まっているのか。

今回は耐震等級の中身について解説していきたいと思います。

 

 

耐震等級とは

そもそも耐震等級とは何なのか。

耐震等級とは住宅性能評価機関が認定している耐震の基準の事です。

耐震等級には3段階の基準があり、3が最も厳しい基準となっています。

なので、「耐震等級3取得物件」と売りに出している業者様は耐震に関する最も厳しい基準をクリアしてますよーとアピールしているという事です。

なら耐震等級3を取得すればいいんだなと思いたいところですが、耐震等級3を取得するにあたって注意すべき点があります。

それは、希望の間取りからは遠のく可能性があるということです。

耐震等級3を取得する場合、構造計算が入る為、結構制限があります。

計算した結果NG判定が出た場合は図面を考え直す必要があるという状況になる可能性もあります。(二重壁にしたり、一部分だけ壁を追加したりして対応する事もあります。)

なので間取りのこだわりが強い場合は注意が必要です。

こちらは耐震構造の基準である為、制震構造免震構造とは別で考える必要があります。

今回は耐震等級の解説なので、制震構造、免震構造について知りたい方は下記の記事をご覧ください。

耐震構造、制振構造、免震構造の違い【徹底解説】マイホームを買うにあたって、耐震の事について調べると耐震構造、制震構造、免震構造の3つをよく目にすると思います。今回はそれぞれの特徴について解説します。...

 

耐震等級の1~3の違いって何?

では、耐震等級の1と2、3の違いとはどのようなものなのか。

通常、当たり前に建築確認申請をクリアした住宅は耐震等級1と同等の性能を持っている事になります。

つまり耐震等級1とは建築基準法上必要な耐震性能という事です。

現在の建築基準法で求められる耐震性とは阪神淡路大震災でも倒壊しない程度と言われています。

続いて耐震等級2ですが、こちらは耐震等級1の1.25倍の性能を満たすものを言います。

これは通常、災害があった場合、避難所に指定される施設の性能と同等レベルの性能となります。

病院や学校などがこのレベルの耐震性能となります。

長期優良住宅もこの基準以上となっています。

耐震等級3とは耐震等級1の性能の1.5倍の性能を有する建物になります。

こちらは防災拠点になる消防署などと同等の耐震性能を有するものを言います。

防災拠点になるほどの耐震性能ということで、こちらが日本における最高の水準となります。

ただ、一部構造計算が免除されて耐震等級3となるものもあるので、構造計算をして耐震等級3を取得しているのか確認はしておきましょう。

  • 耐震等級1・・・震度6強〜震度7程度の地震で即倒壊しないレベル。ただし地震後大規模な修繕や建て替えが必要になるケースがある。
  • 耐震等級2・・・震度6強〜震度7程度の地震でも一定の修繕工事を行う事で、住み続けることが可能になるレベル。避難所などと同等の耐震性能。
  • 耐震等級3・・・震度6強〜震度7程度の地震でも軽度の修繕で住み続けることが可能なレベル。防災拠点などと同等の耐震性能。

 

大規模な地震がくると想定した場合、現在の建築基準法が定める耐震性だと即倒壊は免れるものの、大規模な修繕工事や建て替えしないと住み続けることが難しく、最低でも耐震等級2は確保したいところですね。

どうせなら耐震等級3を確保しておきたいところ。

また耐震等級3を取得することで、地震保険もだいぶ安くなるので、おすすめです。

 

耐震等級3相当と耐震等級3はどう違うの?

では、耐震等級3耐震等級3相当とは一体どう違うのか。

結論から先にいうと、性能の面では全く変わりません。

ではなぜ「相当」がついたり、つかなかったりするのか。

実は耐震等級3の認定を取得するには数十万ほど費用がかかります。

これは耐震等級3にする為の工事や構造計算代とは別でかかります。

ですので、業者様がお客様の負担を減らす為、認定は取らないですが耐震等級3と同等の性能の家ですよという意味で「相当」という言葉を使うようになりますした。

なので耐震等級3と耐震等級3相当の違いは認定を受けるか受けないか、だけの違いです。

性能自体は全く変わらないので、耐震等級3相当でされる方は非常に多いです。

性能が同じなら安い方がいいですよね。

なので、耐震等級3相当だから耐震等級3より性能が低いとかいうことはないので、ご安心ください。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

耐震等級の違い、耐震等級3「相当」の意味を今回解説させていただきました。

最近大きい地震も多く、不安になることも多いですよね。

もういつ来てもおかしくないと言われ続けている南海トラフ地震は多くの地域で震度5〜7くらいの被害があるとしているデータもあります。

ただでさえ高い買い物で費用を抑えたいところではありますが、一考の余地はあるのではないでしょうか。

耐震等級3の性能を有した家を建てれば100%安心というわけではありませんが、家族を守ってくれる砦にはなってくれると思います。

マイホーム購入の際は是非ご検討ください。

 

今回は 耐震等級ってなに?1~3でどう違うの?【徹底解説】 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。