住宅

長期保証住宅のカラクリ【徹底解説】

長期保証住宅のカラクリ【徹底解説】

よく超長期保証を謳っている住宅メーカー様のCMがありますよね。

住宅の多くは10年程度の保証なのになんで60年、100年保証と言えるのか。

そのカラクリについて解説したいと思います。

 

60年保証や100年保証ってずっと無償で修理やメンテナンスしてくれるの?

まず、よくCMなどで見る超長期保証について解説させていただきます。

通常よく聞くのは10年保証ですね。

これは全ての家につく、基本的な保証の事で「瑕疵担保責任保証」といいます。

瑕疵担保責任の保証については「3.瑕疵担保責任ってなに?」で解説します。

ではCMでよく聞く最大60年保証!や100年住宅とは一体どういうものなのか。

60年保証、100年保証というのだから

60年、100年無償で修理やメンテナンスをしてくれるんだ!」って思いますよね。

薄々感づいているとは思いますが、もちろんそんな事はあり得ません。

そんな事をしてしまったら、会社が潰れてしまいます。

では、そういった長期保証というのはどういう意味なのでしょうか?

実はこういった長期保証には条件がついています。

ではどういった条件がついているのでしょうか。

多いのは、10年目以降、5年毎の定期点検(有償)

その時に見つかった不具合箇所の補修については有償修繕

さらにこの定期点検を一度でも受けなかった場合は保証が外れてしまいます。

また、他の工務店様や業者様が工事を行なった場合も保証が外れてしまいます。

つまり、「うちでずっと面倒見てあげるから10年目以降5年毎に有償の定期点検受けて、不具合があったらうちで修理してね」って事です。

プロの目で5年おきにチェックしてくれるので、一見面倒を見てくれて安心な気はしますが・・・

ちょっと思っていた内容とは違いますよね。

その他にも保証というのは、全てにおいて保証するというものではないことが多いです。

どういうことかというと、壁紙や、設備などある一定期間が過ぎれば保証対象外になります。

これに関してはメンテナンスの有無に関わらず、一定期間が過ぎれば有償修繕になります。

では、どんなものが保証される対象なのか。

基本的には基礎や、主要構造部のみの保証となります。

その他はやりかえた場合、保証する場合はありますが、定期点検を続けた事による長期保証については構造部のみと解釈した方がいいでしょう。

つまり60年保証や100年保証などの超長期保証制度は家の全ての部分に適用される保証ではないという事です。

  • 保証を受け続けるには10年以降5年毎の有償定期点検を受け続ける必要がある
  • 有償の定期点検を一度でも受けなかった場合は保証が切れる。(復活は原則不可)
  • 他の業者が工事に入ると保証が切れる。(これはどんな保証でも)
  • 定期点検で見つかった不具合や劣化部位の修繕は有償。
  • 超長期に渡って保証される部位は基礎や構造部のみ。

全ての住宅屋さんが当てはまる訳ではないですが、基本的には同じだと思います。

高い買い物なので保証が長い方がいいと思い惹かれますが、内容はしっかり確認してからにした方がいいですね。

 

実際の保証ってどれくらいついているの?

では一体どんなものにどれくらいの保証がついているのか。

基本的には各メーカー様の仕様によって異なります。

大体ですが

部位 保証年数
クロス(壁紙) 2年
建具など 1〜2年
設備関係 2〜5年(有償延長含む)
配管の詰まりなど 5年
防蟻保証 5年(5年更新型)
主要構造部(基礎、柱、梁など) 10年
雨漏り保証 10年

 

こんな感じになると思います。

保証に関しても、どこまでやるかは業者様によって様々です。

最低限その不具合が出た箇所の修繕はされるとは思います。

壁紙などの場合は例えば亀裂が出た箇所だけを部分張り替えなどの手法を取る場合もあります。

保証内容に関してはそれぞれの会社での決まり事に沿って行うため、全てやりかえとかの判断は施工工事店様によります。

大手ハウスメーカー様はそういった対応はよい印象はありますが、初期費用がかかっていると考えると、どっこいどっこいかなぁという感じです。

 

瑕疵担保責任って何?

それでは、瑕疵担保責任についての解説をさせていただきます。

瑕疵担保責任とは建築基準法で定められているもので、新築住宅は必ずつけることになってます。

瑕疵担保責任とは、見て確認したりしても発見できない瑕疵を売主が責任をもつ制度のことです。

瑕疵とは欠陥部位の事です。

この制度により、基礎や建物の主要構造部の不具合、さらに雨漏りの修理が保証されます。

そうです、この制度があるので、どこで住宅を購入しても、基礎や主要構造部、雨漏りに関しては10年の保証がされるのです。

つまり、超長期保証を謳っている住宅メーカー様から購入するメリットは、10年以降の保証ということになります。

それも有償の定期点検を受け続け、不具合があれば都度修繕していくという条件付き。

もちろん数年おきの定期点検をプロがチェックしてくれるので安心できるというメリットはあります。

 

瑕疵とは欠陥という言葉を使いましたが、雨漏りがしたからといって欠陥住宅という訳ではありません。

通常何年も雨風に晒され続けていると、外壁のコーキングが切れたり、強風などで瓦がずれたりする事により雨漏りする事は多々あります。

そういったものを保証してくれるものとお考えください。

外壁のコーキングなどに関しては雨漏りしていない場合は劣化してもコーキングの保証が切れている場合は保証されません。

もちろん欠陥住宅で主要構造部に問題があったり、雨仕舞いが悪く雨漏りした場合は保証されます。

住宅瑕疵担保履行法という建築基準法の制度により、新築物件は瑕疵担保の保険に入ることを義務付けられており、これはなにかというと

もし建築してくれた会社が住宅完成後2年とかで倒産や廃業した場合でも、代わりに10年間の保証をしてくれるという保険です。

これにより、住宅の買主が保護されております。

なので、10年間は主要構造部および雨漏りの修繕に関しては安心できるという事になります。

前項でもご説明しましたが、家の全てを10年間保証するという制度ではありませんのでご注意ください。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

今回は60年、100年保証するという超長期保証についての解説をさせていただきました。

プロが定期的にチェックしてくれるので、お客様の不安を取り除ける素晴らしい仕組みですよね。

とはいえ、CMから受けるイメージとは少し違う部分があったかなという印象でしょうか。

家はメンテナンスをしないと、どうしても劣化がどんどん進んでいくもの。

こういった超長期保証がなくとも、ご自分で目視などでもいいので、点検して不具合があればメンテナンスをしていくと長持ちします。

こういった超長期保証をしていない業者様でも、点検を頼めばしてくれると思うので、自分で見る自信がなければ依頼するといいかもしれませんね。

もちろん有償にはなりますが、しっかり点検し修繕箇所をアドバイスしてくれると思います。

 

 

一般的には10年を目安に屋根や外壁の塗替えやコーキング打ち替えなどを行うといいと思います。

またベランダの防水のやりかえも同じくらいの時期にすると良いでしょう。

大体100万円前後かかる工事になりますので、メンテナンス貯金をしておくことをおすすめします。

 

今回は 長期保証住宅のカラクリ【徹底解説】 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。

【マイホーム】住宅のメンテナンスの時期とは
住宅のメンテナンスの時期とはマイホームで暮らしていると年々家は劣化してきます。10年保証がついているとはいえ、全てを保証してくれるわけではありません。保証が切れたものも適切にメンテナンスを行って、ずっち安心して暮らせる家にしましょう。...