住宅

吹抜け、勾配天井のメリット・デメリット

吹抜け、勾配天井のメリット・デメリット

今回は開放的になるという謳い文句でよく売られている吹抜け勾配天井について解説したいと思います。

こういったもののメリットやデメリットをしっかり理解しておきましょう。

 

吹き抜けのメリット

吹抜け、勾配天井のメリット・デメリット

まずは吹き抜けのメリットから。

吹き抜けは謳い文句に使われるだけあって、とても開放感があります。

吹き抜けの2階部分に窓をつけることで採光にも有利になり、とても明るい空間を作ることができます。

また2階部分との一体の空間を共有することが出来ます。

一番のメリットはやはり、明るさと開放感

リビングにつけると、とても素敵な空間を作ることが出来、非常に人気です。

またリビング階段とも相性がよく、別の階層にいながら空間を共有できる魅力があります。

別の階層にいてもお互いの気配を感じることができ、安心できます。

あとは家がおしゃれなイメージになります。

誰かの家を訪ねた時に、リビングや玄関に吹き抜けがあったらおしゃれだなぁと思いますよね。

そういったイメージが吹き抜けが人気な理由の一つだと思います。

メリット

  • 採光に有利
  • 開放感がある
  • おしゃれ
  • 家族の気配を感じられる

吹き抜けのデメリット

続いては吹き抜けのデメリットです。

開放的な雰囲気を味わえる一方で、どんなデメリットがあるかもしっかり見ていきましょう。

意外と作って後悔したというレビューもちらほらと聞く為、よく確認してください。

まず、一番よく聞く後悔の理由でエアコンの効きが悪いということです。

やはり、どうしても大空間になる為、エアコンは結構大きいサイズのものを取り付けても、効くまで結構な時間がかかります。

2階の廊下に繋がっている場合はそこに暖気や冷気が逃げる為、床暖や扇風機などで対応しなければいけません。

そういったこともあり、光熱費が高くなる傾向にあります。

次に、照明の取り付けが業者様に頼まないと難しい事です。

リビングや玄関などの天井を全面吹き抜けにした場合、天井の高さがかなり高くなるため、照明の取り付けや交換が非常に大変です。

梯子などが必要になり、結果家電屋さんなどの業者様に依頼しなければいけなくなります。

もしくは、チェーンなどで下に降ろせるものもあります。

壁付の照明などを多めにつけるなど、対策を講じる必要があります。

次に窓などの掃除が大変です。

こちらも同様の理由で掃除が大変です。

おしゃれな空間につけた窓なだけに綺麗に保ちたいですが、気軽に掃除が出来ないため埃が溜まりやすいです。

当たり前の話ですが、吹き抜けにするので2階のスペースが削られます。

吹き抜けがない場合、部屋にできたスペースなので、もったいないといえば勿体無いですね。

そして、吹き抜けで家族の気配が感じられる一方で、音や匂いなどが筒抜けになります。

LDKにつければ、料理の匂いなどが2階まで直通です。

夕飯の時など美味しそうな匂いがするのはいいかもしれませんが、子供の友達がきている時など、逆に落ち着かない状況になります。

最後に、吹き抜けの空間を作る事は構造的には弱くなります

本来、床版を貼って強度を出せる部分がなくなってしまうので、通常居室などにするより強度は落ちてしまいます。

それに伴い、揺れやすい事でボードのパテが割れやすく、クロスの不具合が出やすい。

デメリット

  • エアコンが効きにくい
  • 光熱費が上がる
  • 照明の取り付けや交換のメンテナンスが大変
  • 窓の掃除を小まめにしにくい
  • 2階のスペースが削られる
  • 音や匂いなどが筒抜け
  • 構造的には不利
  • クロスの不具合が出やすい(構造上の問題はない)

意外とデメリットが多いですよね。

これは住んでみないとわからない事ばかりなので、参考にしてみてください。

吹き抜けに大きな窓をつけたけど、眩しすぎたり暑かったりという事もあるようです。

 

勾配天井のメリット

吹抜け、勾配天井のメリット・デメリット

続いて、勾配天井のメリットです。

勾配天井とは最上階などの小屋裏の空間を居室として利用するものです。

屋根の勾配に沿って天井材を貼っていくので、斜めに上がっていく感じになることが多いです。

こちらも吹抜けと同様に、天井が高くなる為、開放感があります。

また天井が高くなる為ロフトなどを設置しやすいです。

ロフトをするときは勾配天井にする事が多いです。

また通常より高い位置に窓をつけることが出来るので、採光面でも有利です。

高い部分につける窓を開閉出来るようにした場合、通風がよく、また隣家からの視線を感じることがないためプラバシーを保てます。

また2階にリビングを配置する場合は開放感を出す事ができ、吹抜けで説明した2階の廊下などに繋がっていない為、エアコンの効率も幾分かマシになります。

2階リビングとは相性がいいと言えるでしょう。

メリット

  • 開放感がある
  • ロフトを作りやすい
  • 高い位置に窓をつける事で採光に有利になる
  • 高い位置の窓を開閉できるようにすれば、通風しやすい
  • 窓を高い位置につけれる為、隣家の視線を感じる事がなくプライバシーを保てる
  • 2階リビングとの相性がいい

勾配天井のデメリット

それでは勾配天井もデメリットを見ていきましょう。

こちらのデメリットも吹き抜けと似た感じになります。

天井をあげる分、エアコン効率は落ちます

部屋のサイズより大きいサイズをつけないとエアコンが効き始めるまでの時間が長くなり、光熱費もあがります。

そしてやはり、高い位置にある為、照明や窓のメンテナンスが大変です。

照明に関しては天井が斜めになっているため、ワイヤーなどで吊り下げるタイプの照明にしたりして対応が必要になります。

高い位置につける窓をFIX窓(開かない窓)にした場合、熱がこもり易いので窓は開閉できるようにしておきましょう。

工事としては壁の面積が増える為、コストは上がります

また経験上、勾配天井の屋根は施工方法によるとは思いますが、揺れやすいせいか,

天井などのボードのパテが割れやすい印象です。

強風などで屋根が揺れたら同じく動くせいか、熱が伝わりやすいので下地の木材が動きやすいなど様々な要因が考えられます。

勾配天井のクロス補修は比較的多いイメージです。

 

デメリット

  • エアコン効率が悪い
  • 光熱費が上がる
  • 照明計画が必要
  • 窓の掃除やメンテナンスが大変
  • 高い位置に窓をつけ開閉出来ないと、熱が籠りやすい
  • コストが上がる
  • 天井のクロスが割れやすい(構造上の問題はない)

 

最後に

如何でしたでしょうか。

今回は吹き抜けと勾配天井について解説させていただきました。

どちらも開放的な空間や採光などメリットはよく聞きますが、なかなかデメリットって聞かないですし、住んでみないとわからない事が多いですよね。

今回解説したデメリットで、考えもしなかった事があったのではないでしょうか。

いい部分を聞いたり、見たりして取り入れたくなりますが、一度落ち着いてデメリットに関してもしっかり調べて理解した上で、取り入れるかどうかの判断をするようにしてください。

なにも考えずに取り入れたら、後悔することになるかもしれません。

いい部分があれば、悪い部分も何かしらはある事が多いので、吹き抜けや勾配天井に限らず

メリットだけではなく、ちゃんとデメリットに関しても調べるようにして

「こんなはずじゃなかった!」というのを出来るだけ減らせるようにしましょう。

 

今回は 吹抜け、勾配天井のメリット・デメリット というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。