住宅

2階にリビングや生活空間を配置するメリット・デメリット

2階にリビングや生活空間を配置するメリット・デメリット

テレビなどでもたまに見かける2階にリビングや生活空間を集めてしまう間取り。

今回はそのメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

ほとんどの人が一生に一度の買い物。

後悔の内容にしっかりメリットとデメリットを確認していきましょう。

2階にリビングや、生活空間を集めるメリット

それではまず2階にリビングや、生活空間を集めるメリットから見ていきましょう。

 

天井が高く取れる

2階にリビングがあると、勾配天井にするなどして、天井を高く取ることが出来ます。

また、勾配天井にしないにしても、階高を少し高くするだけで天井高を高くすることが可能です。

こうする事により、1階に配置するよりも開放感を得られやすい空間になります。

吹抜け、勾配天井のメリット・デメリット
吹抜け、勾配天井のメリット・デメリット今回の記事では、吹抜けと勾配天井について解説します。見た目や開放感があって素敵な空間を演出してくれる吹抜けや勾配天井。これにはどういったメリットやデメリットがあるのでしょうか。...

 

プライバシーを確保しやすい

2階にリビングがあるという事で、窓から人の視線を気にする事が少なくなります。

1階だとどうしても道路を歩いている人の視線などが気になりますが、2階でそういう事はありません。

ただし、お隣の窓と被ってしまうとお互い気になるので、その点を注意して窓の位置を決めましょう。

失敗しない!窓の配置計画の考え方とは【徹底解説】間取りを考えていく上で重要になってくる窓の配置。この配置を適当に決めてしまうと、無駄な窓になってしまう可能性があります。しっかり窓の計画を行いましょう。...

 

日当たりが良く、眺めもいい

2階にリビングがあると1階に比べ、日当たり時間が長くなります。

勾配天井にして天窓などをつけると、非常に明るくなり冬場などはぽかぽかして暖かいです。

また2階なので、眺めもよく場所によってはかなりリラックスできる空間を作れます。

天窓(トップライト)のメリット・デメリットについて
天窓(トップライト)のメリット・デメリットについて天窓(トップライト)のメリット・デメリットについて 開放感が出て、部屋も明るくなりおしゃれな空間を演出してくれるトップライト(天窓)。しかし、トップライトにもいくつかのデメリットがあります。...

 

大空間を確保しやすく、耐震性も向上する

2階にリビングを持っていくと、1階に比べ、大空間を確保する事が容易になります。

1階にリビングで大空間を取ろうと思うと2階の部屋の重量+屋根の重量がかかってきます。

なので、かなり大きな梁を使用し柱や壁の制限も大きくなりがちです。

しかし、2階だと屋根の重量を支えるだけでよくなるので、比較的大空間を作ることが容易になります。

また、1階に居室を集めると、壁が多くなるので耐力壁などを確保しやすくなり、耐震性も向上します。

 

2階にリビングや、生活空間を集めるデメリット

では、デメリットについて確認していきましょう。

 

暑くなりがち

暖かい空気は上へあがっていく性質がある為、冬はいいのですが、夏場は結構暑くなります。

天窓などがあるとさらに暑さが増します。

断熱をしっかりして、暑さ対策が必須となります。

 

上り下りが多くなる

やはり2階にリビングがあるとどうしても階段の上り下りが多くなります。

外出時も毎回階段を上り下りしなければいけません。

年齢的なものや介護

若いうちはいいですが、年を取ってくると毎日の事なので体力的に厳しくなってきます。

また、何かしらの理由で両親や配偶者、子供を介護しなければならない状態になった時は非常に不便になります。

症状の度合いにもよりますが、階段で上がるのが困難な場合は1階でお世話することになり、キッチンや洗面台が2階にあると、何かと不便になります。

今はホームエレベーターなどもあるので、検討が必要になるかもしれません。

 

荷物が大変

上り下りを毎回しなければいけないので、買い物などで重いものを買ってきた時も、毎回2階まで上げなければいけません。

お米とかを買ってきた日なんてなかなか大変なことになります。

荷物が多い時も2階に分けて、階段を2往復なんて事もあります。

ずっと続けていかなければいけない事なので、覚悟が必要です。

 

来客時も下りなければならない

もちろん来客時も1階まで下りなければいけません。

インターホンだけで済む事ならいいですが、出ていかないといけない場合は下まで降りないといけません。

また宅配便で大きかったり重い荷物が届いた場合など、2階まで上げるのが大変ですね。

 

知り合いや、家族が帰ってきた時に下まで降りなくても開錠出来るように電子錠などを利用し、2階から施解錠出来るようにしておくと非常に便利になります。

 

子供に関する事

赤ちゃん~幼少期

2階にリビングがあると、どうしても危険が付きまといます。

バタバタしている時に来客が・・・

急いで下りていって対応していると、リビングから階段のドアを閉め忘れたりすることもあるでしょう。

歩き始めて、ドアくらいなら開けられるようになっていたり・・・

そうなるとすぐそこは階段です。

必ずゲートなどを付けて対策をするようにしましょう。

 

思春期~

ここまで大きくなれば階段から落ちる心配も大分減ります。

ただ、今度はいつ帰ってきて、いつ出ていったのか、親が把握しづらくなります。

1階に子供部屋を配置する事になるので、帰ってきて部屋に直行すると、気づくことが難しくなります。

高校生くらいになると夜中に抜け出して遊びに行ったりしても気づかない事があります。

どんなに躾をしていても反抗期の時は難しいでしょう。

玄関ドアが開いたら、音が鳴るようなグッズを付ける等して対策する事が必要になるかもしれません。

 

1階の防犯性

2階で主に活動するようになると、どうしても1階の防犯性が低くなってしまいます。

それは窓を閉め忘れたまま外出してしまう場合です。

部屋から外出するときは閉めるのですが、普段リビングにいて、リビングからそのまま外出する場合、リビングは閉めますが、部屋の窓だけ閉め忘れたって事がよくあります。

各部屋が2階にある場合であれば、たまに閉め忘れても大丈夫な事が多いですが、1階で閉め忘れると非常に危険性が高くなります。

下記のようなグッズで、スマホから確認出来るものもありますので対策するようにしましょう。

 

配管などのやり替えが大変

2階にキッチンや洗面所、お風呂などを配置した場合、なにかしら問題があった場合や、入れ替えを行う場合、大変な工事になります。

何かを詰まらせたり、水が漏れたりした場合、全て1階の居室に被害がいきます。

そして修理する場合も1階の天井を解体して行わなければいけないため、大変な工事になります。

保証が効いているうちなら大丈夫な場合もありますが、保証が切れたのちにそういう事が起こった場合、1階で起こった場合に比べて多大な費用がかかります。

また、新しいものに入れ替えたい場合、これは大型家電などもそうですが、2階というだけで費用が上がったりします。

配管の位置が合わない場合は同じように1階の天井を解体して配管をやり替えなければいけない事も想定されます。

大型家電も場合によっては搬入を断られたケースもあるそうです。

 

庭を活用できない

2階にリビングがある場合、1階が子供部屋や寝室になるので、庭が使いづらくなります。

庭などがなくいっぱいいっぱいに建てる場合はいいかもしれませんが、あまり目を向ける事がなくなるので気が付いたら雑草だらけになっているという事も・・・

庭が活用しづらい事で、2階のバルコニーを広くとって代用するプランが多くありますが、その場合は費用が上がります。

 

 

最後に

如何でしたでしょうか。

2階にリビングがあると開放感があり、明るい空間にしやすいので人気がある間取りの一つですが、2階に生活空間があるが故に不便さもあります。

メリットもいっぱいあって素敵ですが、デメリットにもしっかり目を向けて後悔のない家づくりをしましょう。

 

今回は 2階にリビングや生活空間を配置するメリット・デメリット というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。