住宅

家事動線ってなに?間取りを考える上で動線の考え方とは

家事動線ってなに?間取りを考える上で動線の考え方とは

今回は間取りを考える上で重要な、「動線」の考え方を解説していきます。

この動線を意識した間取り計画をすることで、快適に生活出来るようになるため

この記事でしっかり確認していきましょう。

動線って何?

では、動線とは一体なんなのでしょうか。

この動線とは建物の中で人が移動するときに通るであろう道筋を表したものです。

玄関からリビング、リビングから寝室など人が住んでいる上で行うであろう行動の動きを示したものを動線といいます。

これが長すぎると、毎日生活していく住居としてはよくないものとなります。

間取りを考える上で、各々のライフスタイルと照らし合わせ、どういった行動をする事が多いのかという事を考えながら間取りを作成していくと良いでしょう。

難しい場合は、普段している行動を思い返しながらするとイメージしやすいかもしれません。

こういった動線を考えながら間取りを作っていくことを「動線計画」といいます。

動線とは主に2つに分けられ、1つは「生活動線」、もう一つが「家事動線」というものになります。

 

生活動線とは

生活動線とは、家族みんなが生活するうえで、リビングからトイレ、リビングから洗面所、各居室からお風呂など、通常生活していく上で通る線の事。

これが複雑すぎると、非常に住みにくい家になります

例えば極端な例ですが、洗面所に行くのに和室を通らないといけない。

自分の部屋に行くのに子供部屋を経由しないと行けないなど。

お客さんが来たときはもちろん、通常生活するうえでも不便ですね。

そういった生活動線を考えて間取りを考えることはとても重要です。

トイレに入るのにもいちいち玄関側に回り込まないとドアがないなども動線的に無駄の多いものになります。

個々がどこかしらに行くときに、自然に動けるような動線を意識して考えていきましょう。

  • リビングからトイレ、リビングから洗面所、リビングから各居室、リビングから玄関
  • 各居室からトイレ、各居室から風呂
  • 主に拠点になる部屋からの動線を考える。
  • 動線を実際に図面に書き込むことで、ドアの開き勝手も考慮する。

家事動線とは

家事動線とは炊事、洗濯、掃除など家事全般を行う際に通る動線の事をいいます。

普段一番家に多くいるであろう主婦(主夫)の方は一番重要な動線になります。

毎日行う家事、少しでも楽にこなしていけるようにしっかり考える必要があります。

キッチンのごみを置くスペースは十分確保できているか。

朝ごみを出しに行くのに玄関までの距離は長すぎないか。(勝手口から外に出しに行けるか)

洗濯機から干場までの経路は障害がないか。

掃除機をかけるのに必要なコンセントは設置されているか。

毎日のことなので、ちょっとしたことでストレスを感じる事のないよう、しっかり考えて間取りを決めていく必要があります。

今、生活している中で、ちょっとした不満はすぐに思いつくと思いますが、不満がない部分もしっかり確認しておきましょう。

今現在不満がないという事はそれに満足しているという事なので、今家事をする際に行っている行動を見直し、新居の間取りはどう使うか、しっかりシミュレーションしましょう。

  • 家事をする際の動線をシミュレーションしてみる。
  • 洗濯機置き場から干場まで障害物がないか、部屋を抜けなくても行けるか。
  • 洗濯ものを取り込んだあと、たたむ場所はどうするか。
  • 掃除機をかける為のコンセントはあるか、ワイヤレスなら充電する場所はあるか。
  • 買い物から帰ってきて冷蔵庫(パントリー)までの動線はどうか。
  • 朝の生活動線と家事動線は交差しすぎていないか。

動線の失敗例

通常、設計士などが設計を担当している場合はなかなかないですが、お客様の希望を叶えていくと、どうしても動線が複雑になったりする場合があります。

そういった例を一部ご紹介します。

・キッチンの奥に洗面所と階段を設置した為に、朝のバタバタする時間にキッチン周りが人で溢れてぐちゃぐちゃになってしまう。

家事動線ってなに?間取りを考える上で動線の考え方とは

適当に作りましたが、こんな感じです。

普段生活している分には問題ありませんが、朝のバタバタしている時間帯だと2階から降りてくる人、洗面所に行く人、トイレに行く人などでごちゃごちゃってなるイメージ付きますよね。

これはピーク時に動線が交差しすぎている事で問題が起きています。

朝のみんなが動き出す時間帯に使う動線は出来るだけ交わらないように考えることで改善できます。

 

・洗濯ものを干しに行くのに子供部屋を通らないとベランダに行けない。ベッドが邪魔で通りにくい。

これもたまにあるパターンです。

ベランダが1箇所しかなく、そのベランダに出るには2箇所掃き出しの窓をつけたものの、両方とも子供部屋を通らないとベランダまで行けないというパターン。

もうひとつはベランダへは夫婦の寝室からいけるものの、寝室が大きくなくベッドが大部分を占めているせいで、洗濯物を持ったまま通るのが苦痛。

これは家事動線をしっかり考えておけば避けられるものです。

洗濯機から干す場所、たたむ場所の経路をしっかり考えておきましょう。

 

・トイレを家の奥に配置したせいで、来客がトイレに行く際、キッチンを通るので見られる。

これもよくあるパターンです。

玄関周りをすっきりさせたくて、お風呂や洗面所、トイレを家の奥に配置する事で玄関からリビングまでの距離を短縮できます。

しかし、家に上げるほどの仲でもない来客が来て「すいません、ちょっとおトイレお借りしてもいいですか?」と言われたり、家に上げる程の仲の相手でも、その動線にキッチンがあったら・・・

あまり気心知れた相手ではないのに、家の奥まで入ってきてほしくはないですよね。

また、その動線上にキッチンがあると絶対見られたくないですよね。

常に綺麗にしていたとしても、洗い物がまだ終わってなかったりすると見られたくないものです。

よく来客がある方は少し考慮した方がいいかもしれません。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

間取りを考えていく上で、動線というのはかなり重要なものとなります。

いろんな希望を取り入れていくと、どうしても最良の動線計画にはならない場合があります。

そういった中でも、可能な限り動線を考えて、希望を取り入れつつ、住みよいマイホームを手に入れましょう。

 

今回は 家事動線ってなに?間取りを考える上で動線の考え方とは というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。