住宅

床暖房のメリット・デメリットとは【徹底解説】

床暖房のメリット・デメリットとは【徹底解説】

今回は最近主流になりつつある、床暖房についての記事です。

なんとなくイメージはあると思いますが、掘り下げて床暖房のメリット・デメリットを解説していきます。

床暖房とは

まず、床暖房とはフローリングの下に床暖房のパネルを設置する事で、床を温めその熱伝導や対流、放射を利用する暖房設備のことを言います。

家の断熱性能や気密性能が高いと床暖房だけでも十分部屋全体を温めることも可能です。

床暖房のパネルには種類がいくつかあります。

どんなものがあるのか、確認していきましょう。

 

床暖房の種類

電気ヒーター式

言葉の通り、電気を利用した床暖房システムです。

これはフローリングの下に発熱体もしくは蓄熱体を仕込んであるパネルを貼り、それに電気を通す事で発熱します。

蓄熱体を使用する場合は深夜電力を使う事でランニングコストを抑える事ができます。

また電気式は電源だけ用意すればいいので施工は容易に出来ます。

 

温水循環式

こちらは温水によって温めるタイプの床暖房です。

フローリングの下に、チューブ状の管を仕込んであるパネルを設置します。

そのチューブに外部からお湯を送り、温水によって床を温める仕組みになります。

こちらは電気式のヒートポンプを使うものや、ガスエンジンで発電するものを使うものなど、様々な種類があります。

種類により、特徴やコストは様々で検討する際は色々調べて特徴を知っておく必要があります。

ランニングコストなども含めて、検討しましょう。

 

床暖房のメリット

床暖房のメリットとはなんなのか。

床暖房は温風により温めるエアコンやファンヒーターなどとは違うので、空気が汚れることはありません。

また、空気の乾燥もしにくく、床を温めるだけなのでエアコンなどのように風による空気の移動もありません。

音なども静かで気になることは少なく、遠赤外線の輻射熱(ふくしゃねつ)によって部屋全体を暖めてくれます。

また故障する事が少なく、メンテナンスもほとんど不要です。

現在はヒートポンプをつける事で温まるまでの時間も非常に早くなってきました。

よく電気カーペットと比べられる事が多いですが、カーペットのようにダニなどが繁殖する事がないので衛生的にはいいです。

 

メリット

  • 空気が汚れない。
  • 空気が乾燥しにくい。
  • エアコンやファンヒーターのような風の流れがない。
  • 音が静かで遠赤外線の輻射熱により部屋全体を温める。
  • 耐用年数が長く、メンテナンスが基本的には不要。
  • 衛生的にもいい。

 

床暖房のデメリット

続いて床暖房のデメリットはなんでしょうか。

やはり床暖房は初期費用が高いです。

安くなってきているとはいえ、50万円〜というところが多いですね。

またランニングコストも安くはなってきていますが、まだ少し高くはなります。

そして、赤ちゃんがいるご家庭はご注意ください。

床暖房は大人より赤ちゃんの方が熱を受けている距離が近いため、低温やけどや冬の汗疹(あせも)の恐れがあります。

大人が快適に思っていても、赤ちゃんにとっては暑い事も普通にあります。

特に電気式の床暖房は結構熱くなるので、布団やカーペットを敷くなどの対策が必要です。

ちょっと目を離した隙に動いて床に直接皮膚が密着している状態が続く事のないようにご注意ください。

床暖房は温まるまでに時間がかかるため、頻繁に出入りする方には向いていません。

また故障しにくい設備ですが、故障した場合の費用はかなり高くなります。

メンテナンスをする際、温水式の場合、不凍液を交換するのですが、それは3〜5万円ほどかかる事があります。

最近はフローリングも耐熱用という床暖房用のフローリングの性能が上がってきているので大分マシにはなりましたが、床暖房を仕込んでいるフローリングには直接熱が加わるため、熱膨張を繰り返し、フローリングの継ぎ目部分に隙間が出来てしまう事があります。

 

デメリット

  • 初期費用が高い。
  • ランニングコストがやや高い。
  • 赤ちゃんは低温やけどや汗疹の危険がある。
  • 頻繁にON/OFFすると効果が出にくい。
  • 故障した場合の費用が高い。
  • メンテナンス費用が高い。
  • フローリングに隙間が出来てしまう事がある。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

床暖房は導入された方に話を聞くと、非常に快適で設置してよかったという話をよく聞くのですがやはりデメリットに関しても理解をしておく必要があります。

特に赤ちゃんがいるご家庭は赤ちゃんが低温やけどや汗疹になる危険があることは理解しておきましょう。

直接床に密着していなければ大丈夫ですが、少し自分で動けるようになった頃だと、ちょっと目を離した隙に布団などからはみ出してしまうことがよくあるので、離れる際はベッドなどに移動させてあげましょう。

設備としての性能は非常に優秀で、故障なども少なく便利な設備ではありますが、そういったデメリットを加味して、導入するかどうかの判断をしましょう。

 

今回は 床暖房のメリット・デメリットとは【徹底解説】 のテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。