住宅

リビング階段のメリット・デメリット【徹底解説】

リビング階段のメリット・デメリット【徹底解説】

今回は間取りを決める段階で、結構人気なリビング階段について解説します。

リビング階段にする事のメリットとデメリットはどんなものがあるのか

この記事で確認していきましょう。

リビング階段とは

リビング階段とは、言葉の通りリビング内に階段を設けたものになります。

一時期テレビなどでもやっていて、今でも人気の手法です。

階段をリビングに置くことで開放的な空間にしたりする事ができます。

また従来のように玄関からの廊下に階段がある場合と比べ、階段の分廊下を少なくできる為、他の部屋を大きくすることもできます。

 

リビング階段のメリット

リビング階段のメリットはなんなのか。

やはり、リビング階段である為に、子供が帰ってきた時や、または出かける時に必ずリビングを通るため顔を合わせる事が出来るということ。

お父さん、お母さんにとってはとてもうれしい事ですよね。

また階段下のデッドスペースを利用し、収納スペースを作ることで結構大きなサイズの収納をリビングに設けることが出来ます。

リビングに収納がいっぱいあると便利ですよね。

そして、このリビング階段は吹抜けと相性がいいです。

リビング階段と吹抜けをセットにすることで1階と2階の空間をより近くすることが出来ます。

吹抜けについては以下の記事で解説してますので、合わせてご覧ください。

吹抜け、勾配天井のメリット・デメリット
吹抜け、勾配天井のメリット・デメリット今回の記事では、吹抜けと勾配天井について解説します。見た目や開放感があって素敵な空間を演出してくれる吹抜けや勾配天井。これにはどういったメリットやデメリットがあるのでしょうか。...

またスケルトン階段にするとより一層開放感がでて、リビングも広く感じることが出来ます。

メリット

  • 家族と顔を合わせる機会が非常に多くなる。
  • 階段下のスペースを利用することで収納が取れる。
  • 吹抜けと相性がいい。
  • スケルトン階段にすることで開放感がさらにアップする。

 

リビング階段のデメリット

それではデメリットを確認してみましょう。

リビング階段のデメリットはとにかく寒いです。

冬場は2階の冷気が階段を伝って下りてきます。

吹抜けにした場合はさらに寒く、空間が大きいがゆえに暖房も効きづらいです。

そして、子供が友達を連れてくるようになると毎回顔を合わせなければいけません。

小さい頃ならまだ構いませんが中学高校になってくると、やはりリビングを見られると視線が気になりますよね。

休日にお父さんがだらしない恰好でゆっくりする事も出来ません。

子供さんからも、「友達が気を使うから家に呼びにくい」、「恋人を家に呼べない」、「夜遅くまで来客がいる場合は風呂上りにリビングを通らないと2階に行けない」などなど・・・。

家族だけならいいですが、来客時は結構気を遣うようです。

更に、リビング階段だと2階まで空間がつながっているため、音やニオイが筒抜けになります。

魚を焼いた時やニオイがきついものを調理した時など、2階の廊下まで全部臭くなってしまいます。

音も同様に、テレビの音や笑い声、しゃべり声など、大なり小なりは聞こえてしまう事になります。

デメリット

  • とにかく寒い。(エアコンの暖気が2階に逃げる)
  • 子供の来客時、必ずリビングを通るので気を遣う。
  • ニオイや音が筒抜けになる。

デメリットを解消する為の対策とは

では、こういったデメリットを解消する対策とはどういった方法があるのでしょうか。

まず寒さに関しての対処法。

これは空間がつながってしまっているが故に起こる事なので、扉で仕切ってしまえば解消できます。

通常の階段であれば階段の上り始めの部分に扉を付けるだけで、空気は逃げにくくなります

扉をつけると費用がかかるので、難しいのであれば扉の代わりにカーテンなどで仕切ってしまうだけでも結構効果はあります。

リビングに階段は設置しつつ、空間は遮断する方法ですね。

これをすることで、音やニオイの対策も同時に行えます。

カーテンの場合は扉より効果は薄いですが、無いよりマシくらいにはなります。

ただ、これにもデメリットはあります。

扉を付けるので、階段から降りてきた時に降り切った場所のスペースが必要になります。

それがないと階段の途中で扉の開け閉めをしないといけないため、危険です。

畳半分くらいのスペースは必要になります。

続いては来客時の対処法です。

来客の目が気になるという事で、パーテーションなどで視点を遮る方法です。

これからの物件であれば、階段の位置を出来るだけ入口に近い部分に設置し、入口からリビングが見えないようにパーテーションを置くことで視界を遮り、プライバシーを保ちやすくなります。

しかし、プライバシーの確保の方法になるので、顔を合わせやすいというメリットを薄れさせてしまう方法にはなります。

例えばこんな感じのパーテーションを置けば、おしゃれにも見えるので一石二鳥ですね。

日本人の平均的な視点の高さは158cmくらいと言われています。

こちらの商品は160cmあるので、ほとんど見えないくらいには出来ます。

もし気になるという方はハイタイプもあります。

こちらは高さが178.5cmあるのでかなり高身長でない限りは見えないでしょう。

こういったパーテーションやスクリーンを使って、視界を遮ることで、最低限のプライバシーを保ちましょう。

来客がない時は折りたたんでしまっておけば、家族と顔を合わせやすいメリットも復活します。

吹抜け+スケルトン階段にした場合は、開放感が最大のメリットになる為、その解消方法はないです。

開放感を得るためにしているのに閉じるというのは矛盾していますので、どちらかを選ぶしかないですね。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

今でもリビング階段って結構憧れている方が多く、メディアなどでもメリットばかりが紹介されますが、実際に住んでみると思いもしなかったデメリットがあるものです。

住んでから後悔しても、そこから解消しようと思ったら、扉を付けたり、パーテーションやスクリーンを購入したりと思ってもない費用がかかります。

スケルトン階段と吹抜けなども見た目はとてもおしゃれで素敵ですが、同様のデメリットもあります。(これを解消する場合メリットを消す上に、かなりの費用が掛かります。)

担当者の方に「リビング階段をしたい」と言っても、なかなかデメリットまで説明してくれない事も多いです。

そんなことを言って、契約がなくなってしまう事を考えてしまうので、お客様の希望を叶えるように動いてくれます。

それはよくもあり、悪くもあるところですが、やっぱりわからない事が多い素人さん相手なのでちゃんとデメリットも説明してくれる担当者さんがいいですね。

実際、担当の営業さんも作る方は何件も見てますが実際に住んだことはないので、アンケートなどで知るしかないという事もあり、そこまで知らない方もいます。

自分の家の担当者さんは選べないので、こういったデメリットを自分で調べ、先に知っておき、納得のいく間取りのプランを作成していきましょう。

 

今回は リビング階段のメリット・デメリット【徹底解説】 についてというテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。