住宅

必見!注文住宅のメリット・デメリットとは

必見!注文住宅のメリット・デメリットとは

今回は前回の建売住宅のメリット・デメリットを紹介した記事の注文住宅バージョンです。

建売住宅とは違ったメリット・デメリットについて確認していきましょう。

注文住宅とは

注文住宅とは最近はセミオーダー住宅のように、決まった仕様に合わせて間取りや建具の色などを決めていく住宅の事を指す事が一般的となりました。

仕様を一から決めていくフルオーダー住宅だととても時間がかかってしまうため、業者様がある程度用意した標準的な仕様を基に、坪単価を決めて金額を計算する事が多いです。

その仕様に対し、自分たちの希望を取り入れていくことで、理想のマイホームに近づけていく住宅です。

担当者の方と話し合い、自分たちの希望する設備や間取りを伝え、大まかな図面を書いてもらいます。

それから何度も打ち合わせを重ね、間取りを変更していき思い描いているマイホームを購入する事が出来るのです。

こだわりの強い方は、注文住宅にすることで理想に近い住宅を実現する事が出来るので、おすすめです。

こちらの記事も合わせてご覧ください。

注文住宅と建売住宅、売建住宅の違いを徹底解説注文住宅と建売住宅、売建住宅の違いを徹底解説 今回の記事では注文住宅、建売住宅、売建住宅の違いについて解説します。よく言葉は耳にするけどわからない方は是非ご覧下さい。...

 

注文住宅のメリット

注文住宅のメリットとはなんなのか。

理想の近い家を建てられる

注文住宅のメリットとはなんといっても、自分達の理想に最も近い住宅を実現しやすいという点です。

自分たちの生活スタイルに合わせ、必要な設備、必要な居室の大きさや数、吹抜けなどにしてお洒落なお家を作ることが出来ます。

吹抜け、勾配天井のメリット・デメリット
吹抜け、勾配天井のメリット・デメリット今回の記事では、吹抜けと勾配天井について解説します。見た目や開放感があって素敵な空間を演出してくれる吹抜けや勾配天井。これにはどういったメリットやデメリットがあるのでしょうか。...

キッチンや洗面所に収納が欲しい、2階の1間を大きくして、将来的に間仕切りをして子供部屋にしたいなどなど。

将来的に広い子供部屋を2部屋に仕切る方法
将来的に広い子供部屋を2部屋に仕切る方法家を建てる時に子供が小さいと大きい部屋を作ってみんなで寝たいけど、大きくなった時に仕切って子供部屋にしたいという場合の方法について解説します。...

様々な要望を叶えることが出来ます。

 

外観も好きなように色分けしたりできる。

外観なども自分たちで選べるので、シックなイメージの家にしたり、かわいい感じの家にしたり出来ます。

色々な外観の特集をしているサイトなどもあるので、自分の家のイメージを固めていきましょう。

 

金額の調整がしやすい

仕様にないものは見積もりをしてもらって必要であれば付けることができます。

値段によっては妥協しなければいけませんが、そういった金額の調整も可能ですね。

やはり予算があってやっていることなので、予算的に厳しい場合は、優先順位の低いものから削っていくことで、予算内に収まる様に調整が出来ます。

 

リアルタイムで進行状況が見れる

建っていくマイホームをリアルタイムで見れるのは感慨深いものがあります。

マイホームが徐々に出来上がっていくのを見るのはとても楽しいですよ。

また、もし間違っているところ、気になるところがあれば早い段階で気づくことが出来ます。

 

メリット

  • 自由度の高い設計が出来る。
  • 外観も自分好みの色合いに出来る。
  • 値段を見て価格の調整が可能。
  • リアルタイムでマイホームが出来上がっていくのを見れる。

 

注文住宅のデメリット

では注文住宅のデメリットとはなんでしょうか。

 

費用が高くなりやすい

セミオーダーなので、ある程度の仕様は決まっているのですが、やはり自分たちの希望を詰め込んでいくとどうしても費用が高くなりがちです。

とはいえ、自分たちの希望を通せないなら注文住宅にする必要性がなくなってしまうので、仕方ない事です。

自分たちの希望のある程度の優先順位を決めておくことで、スムーズに進めることが出来ると思います。

 

入居までの期間が長い

間取りから考えて何度も打ち合わせを重ねていくので、引き渡しまでの日程が非常に長くなります。

お客様の判断のスピードによりますが、大体最初に土地を見てから契約までが1~2か月程度。

そこから間取りを決めたりするのですが、これがすぐ決まる方もいれば、1年以上熟考される方もいます。

そして、着工から完成までが大体3~4か月程度かかります。

規模が大きかったりすると、もっと時間がかかる事もあります。

なので、見てすぐ契約、間取りもすぐ決定したとしても半年以上かかるとお考え下さい。

 

イメージしてたものと違う

注文住宅で多いのは、「こんな感じになると思ってなかった!」というパターンです。

どうしても図面を見たりするのが不慣れな為、イメージが追い付かず思っていた完成形と違ったという事がしばしばあります。

これは出来る限り参考写真などを用意しておくことで改善されますが、それでも完璧に同じものを作るわけではないので、イメージとの差異は生まれることがあります。

建築の材料も様々なものがあり、間取りの兼ね合いもあるため、まったく同じものにするのは難しい場合があります。

どうしても譲れない部分がある場合は参考資料を多めに用意し、納得いくまで話し合う事をお勧めします。

お客様と業者様のイメージの共有がうまくいかないと、「こんな感じになると思ってなかった」という事が起こります。

業者様もそういったことを避けるべく、説明はしてくれますので、曖昧な理解で返事をするのではなく、しっかり理解したうえで返事をするようにしましょう。

説明が理解できなくて、「多分わかってくれただろう」と思って返事をしてしまうと失敗します。

説明をしてくれて返事をしているので、業者様のミスでもありません。

しっかりイメージの共有をしましょう。

最終的には間取りにしろ何にしろ自分の責任においてサインするので、曖昧な理解で進めるのは危険です。

 

諸経費が高くなることがある

また費用のお話になるのですが、注文住宅ですと不確定要素もあり、予想以上に諸経費がかかる場合があります。

各種登記の費用、融資に関する費用、上下水道の引き込み費用(引き込まれていない場合)、そして地盤改良の費用です。

上下水道の引き込みは30~50万程度。

地盤改良費はその地盤によって前後しますが50万前後はかかります。

地盤改良は図面が決まったあとでその図面を基に地盤調査を行うため、最初にわからない費用になります。

資金にはある程度余裕をもっておきましょう。

 

家族で意見が分かれる

デメリットの最後に

注文住宅なので、色々自分たちで決められる反面、家族で意見が分かれたり、こだわりたい部分が違うのでどちらかを諦めなければならなくなることももちろんあります。

それによってもめてしまう事もあり、最悪の結末になった夫婦もいました。

余計なお世話ではありますが、家族みんなで思いやりをもって話し合いましょう

 

デメリット

  • コストが高くなりやすい。
  • 入居までの日数が長くかかる。(場合によっては1年以上)
  • 希望をうまく伝えられない場合、イメージとの差異が生まれる。
  • 自分でもある程度理解しておかないと失敗しやすい。
  • 諸経費が想像より高くつくことがある。
  • 家族で意見が分かれる事がある。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

注文住宅は、自分で間取りから決めていけるので、とても自由度が高く人気があります。

ずっと思い描いていた理想のマイホームなので、やりたい事が盛りだくさんで、わくわくしますよね。

ただ全てを思い通りに叶えようと思うと、どうしてもコストが上がっていきます。

住宅関係の材料というのは高いものが多いので、あれもこれもと増やしていくと100万円なんてすぐに超えてしまいます。

家族でしっかり話し合いをして、何を優先すべきかを決めておきましょう。

また、地盤改良についても必要がなければラッキー程度に考えて資金に余裕を持たせておくといいでしょう。

みんなが幸せになるマイホームを目指しましょう。

 

建売住宅、中古物件を検討中の方は下記の記事をご覧ください。

必見!建売住宅のメリット・デメリットとは
必見!建売住宅のメリット・デメリットとはいざマイホームを購入しようと思った時に考えなくてはいけないのが、建売住宅か注文住宅を買うかという事。今回の記事は建売住宅について解説していきます。...
必見!中古住宅のメリット・デメリットとは
必見!中古住宅のメリット・デメリットとは必見!中古住宅のメリット・デメリットとは 住宅を購入する際に選択肢の一つとなる中古住宅。実際に中古住宅を購入する際に気をつけないといけないメリット・デメリットについて解説します。...

今回は 必見!注文住宅のメリット・デメリットとは というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。