リフォーム

リフォームとリノベーションの違いとは【徹底解説】

リフォームとリノベーションの違いとは【徹底解説】

こんにちは、建築業界で10年以上働いているKatzeです。

今回の記事ではリフォームとリノベーションの違いについて解説していきます。

業者様なども案外わかってない人も多いです。

と、いうのも、実は明確な定義というものがまだないのが実情です。

昔は全てリフォームと言っていたのですが、リノベーションという言葉が周知されるようになり、若干の使い分けをされるようになってきました。

では、どのように使い分けられているのかを確認してみましょう。

 

リフォームとは

リフォームとは、先ほども記述した通り昔は修繕、改築、模様替えなど全てをリフォームと呼んでいました。

しかし、リノベーションという言葉を使うようになり、リフォームは元に戻すという意味合いが強くなってきました。

元に戻すとは一体どういうことなのか。

リフォームとは元に戻すこと、つまり経年劣化などにより老朽化した家を新築時の目論みに近づけるように修繕・復元するということです。

家もメンテナンスをしていても、徐々に老朽化は進んでいきます。

水回りだと、少しずつ水を吸って腐食が進んだり、下地材の割れや痩せ、反り、垂れなどにより開閉しづらくなったドア、年々すり減っていく床の表面など。

年数が経つにつれ、徐々に色々なところに不具合が出てきます。

どんなに丁寧な仕事をしていても、経年劣化による不具合は防ぐことが出来ません。

そんな状態になってしまった家を、腐食してしまった部材の入れ替え、ドアの調整や枠ごと入れ替え、フローリングの張替えなど、新築時の使い心地に近づける事を目的とした工事をリフォームという事が多くなりました。

既存の状態のものを最新の設備に入れ替えたり、壊れてしまったドアや凹んだ床、穴の開いた壁などの修繕を工事は全てリフォームです。

 

 

リノベーションとは

それではリノベーションとはなんでしょうか。

リノベーションとは作り変える事を指すことが多いです。

作り変えるとはどういう事でしょうか。

もちろん建て替えという意味ではありません。

リノベーションとは今現在ある家を利用し、内装の壁を取り払ったり付け加えたりして、その居住者の住環境に合わせた間取りに作り変える事を言います。

家族が増えて部屋の数が足りない、子供が独立して使わなくなった部屋を有効活用したい、中古住宅を買ったので自分の家族のスタイルに合わせたいなど。

修繕ではなく家を改造するイメージですね。

今のこの位置の壁を取って、向こうに壁を付けてそこに扉も付けたい。

今のお風呂じゃ狭いから広くしたい。

2階は4部屋もいらないから、2部屋の間の壁を取り払って大きな部屋が欲しい。

などなど、住んでいる人や、人数が変わっていくとそれに合わせて家の使い方も大きく変わってきますよね。

特に今は中古の安い物件を購入し、自分好みにリノベーションしていくというのが結構人気が出てきています。

新築だと、図面とにらめっこしながらイメージしつつ考えていくので、なかなか慣れないので難しいですが、中古物件などは自分で見て、この壁が不要だから取りたい、壁付のキッチンを対面キッチンにしたいなど、実際に見て明確なイメージをしやすいので、思った通りに変えていくことが出来ます。

またDIYが好きな場合は、自分たちで部分的に作業を行ったりも出来るので、愛着も沸くし、手作り感が出て味が出てきます。

家族が増えたり、子供が独立したりして生活環境が変わった家庭は今まで住んでたので、ここをこうしたいっていう希望なども多いのではないでしょうか。

こういった感じで、住む人に合わせて内装を作り変えていくのがリノベーションという事が多いです。

必見!中古住宅のメリット・デメリットとは
必見!中古住宅のメリット・デメリットとは必見!中古住宅のメリット・デメリットとは 住宅を購入する際に選択肢の一つとなる中古住宅。実際に中古住宅を購入する際に気をつけないといけないメリット・デメリットについて解説します。...

 

スケルトン・インフィルとは

ここでついでにスケルトン・インフィルという手法についても解説しておきます。

スケルトン・インフィルとはスケルトン(構造体)インフィル(住戸内の内装や設備・間取り)分離している手法の事を言います。

どういうことかというと、スケルトン(構造体)の部分で構造の強さを確保することで、内装の間取りや設備などを自由に変更できます。

つまり間仕切りの壁であったり、設備の位置などを自由に変更する事が出来ます。

分譲マンションなどでよく使われている手法で、鉄筋コンクリート造や鉄骨造のラーメン構造で主に使われています。

柱と梁で構造耐力を確保している為に出来る手法です。

イメージとしては引き出しの中を整理するのに仕切りを使う事がありますよね。

あんな感じで好きなように壁を付けたり、なくしたり、キッチンの位置を変えたりが出来ます。

もちろん変える場合は工事が必要ですが、リノベーションの自由度が非常に高いです。

従来の木造住宅では構造上必要な壁だったりすると取り除けないことがあるのですが、スケルトン・インフィルの場合は一番外側の柱と梁だけで家を支えているので、全ての間仕切り壁を取ることも出来ます。

極端に言えば壁を全部とっぱらって1部屋にする事も出来ます。

大きさは決まっていますが、新築の間取りを考える時と大差ない感覚で決めていけるのです。

購入した際に間取りを決めて工事してもらい、居住人数が変わったりしたらリノベーションで好きなように変更していきやすい手法です。

木造でもラーメン構造(柱と梁だけで支える構造)を使えば実現は可能ですが、施工を行っている会社様は少ないです。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

リフォームとリノベーションの違いについて解説しましたが、実際には明確な定義はなく、どちらでも伝わればいいかなぁと思っています。

リフォーム業社だからリノベーション出来ないとか、リノベーション会社だからリフォーム受けないとか、そういったことはほとんどありません。

言葉として定義がまだ曖昧なので、調べたりする時にもごっちゃになっている事が多いです。

この記事で解説したのも、そういうのが多いというだけで定義ではないので、ご理解ください。

 

今回は リフォームとリノベーションの違いとは【徹底解説】 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。