住宅

屋根の形状(寄棟・切妻・片流れ・陸屋根)について徹底解説

お家の設計を進めていく中で、間取りも重要ですが、外観もとても重要ですよね。

この記事ではお家の外観を考える上で重要なものの一つ、屋根の形状の種類について解説していきたいと思います。

 

屋根の形状とは

建物を契約すると、まずは間取りを重視して考えていく事が多いですよね。

土地の形状と希望の間取りを叶えていくと大体形が決まってきて、いざ立体化してみると屋根の形で随分と印象が変わったものになります。

よく見る寄棟屋根、切妻屋根など色々な屋根の形状の紹介をさせていただきます。

 

寄棟(よせむね)屋根とは

 

 

アキュラホーム様より引用

こちらの屋根が寄棟屋根です。

落ち着いた感じのイメージでかっこいいですね。

この屋根は全ての方向に屋根が流れているタイプの屋根形状で、一番高いところの水平に伸びている部材を大棟と言います。

寄棟屋根のメリット

  • 建築の最大高さが抑えられる為、建築基準法上の高さ制限があるところでも適用しやすい。
  • 軒の出が出ている場合、太陽光を全方向抑えられる為、外壁の劣化に強い。
  • 耐風圧に優れる。
  • 全ての方向に雨、雪が分散される
  • 個人的に見た目が好き

寄棟屋根のデメリット

  • 全ての面に雨樋がくる
  • 一面一面の屋根の面積が少ないので太陽光パネルの設置が限られる
  • 小屋裏の高さが確保しづらい為、ロフトや小屋裏収納のスペースが確保しづらい
  • 屋根の葺き替えをする場合、他の屋根よりコストが高くなりがち
  • 家がカクカクの間取りの場合、屋根に谷部が多くなり雨漏りのリスクが高まる
斜線制限についてわかりやすくまとめて解説斜線制限についてわかりやすくまとめて解説 今回の記事は斜線制限に関する記事のまとめになります。各制限によってどのように高さの制限を受けるのかという事について解説しています。...

 

切妻(きりづま)屋根とは

この屋根は非常に多く、もっともよく見る屋根の形状の一つではないでしょうか。

一番高いところから、2方向に向かって流れていくタイプの屋根ですね。

屋根が流れていないところの三角の壁の部分を矢切りと言います。

切妻屋根のメリット

  • 屋根の1面を大きく確保しやすい為、太陽光パネル設置がしやすい。
  • 標準的な勾配を確保すれば、小屋裏収納のスペースの確保が容易。
  • 洋風でも和風でも適用できる。

切妻屋根のデメリット

  • 家がカクカクだと見た目の関係で段々屋根になりがちで、壁と屋根の取り合い部分で雨漏りに不利。
  • 一番多く見る故に変わった家が好きな人には敬遠されがち。

 

片流れ屋根とは

アキュラホーム様より引用

こちらが片流れ屋根になります。

一時期見た目がすっきりして流行った印象がありますね。

ご覧の通り、どちらか1方向にのみ流れる一枚屋根です。

どうしても距離が長くなり、高さが高くなりやすい為緩めの勾配で施工する事が多いです。

片流れ屋根のメリット

  • 一枚の大きい屋根の為、太陽光パネル設置する場合かなりの容量までカバーできます。
  • 施工が容易で、吹きかえる場合でも他の屋根よりは比較的安くなりやすい。
  • 見た目はすっきりしている。

片流れ屋根のデメリット

  • 棟(屋根の一番高いところ)が上を向いている為、劣化しやすく雨漏りに不利
  • 軒ゼロでの施工の場合、非常に雨漏りに不利

 

棟違い屋根とは

アイフルホーム様より引用

こちらが棟違いの屋根です。

切妻屋根のずらしたような感じの屋根ですね。

これも一時期流行った印象です。

切妻屋根や片流れと重複する部分が多いですね。

棟違いのメリット

  • 一面を大きく取れる為、太陽光パネル設置に関しては有利。
  • 見た目が他の屋根とは変わっており、オシャレな印象。
  • 小屋裏の高さが片方は確保出来る為、小屋裏収納のスペースを取りやすい

棟違いのデメリット

  • 片流れ屋根同様、棟が上を向いている為、劣化しやすく、雨漏りに不利
  • 下がっている方の屋根と壁の取り合いの部分が雨漏りに不利

 

陸屋根とは

PREGRIPエナジー様より引用

参考画像探しててかっこいい陸屋根を見つけたので引用させていただきました。

木造住宅ですと、結構少ないイメージですね。

全方向に少し壁が立ち上がっていて、中で防水加工をして何箇所かに雨水を集めて雨樋で下まで落とします。

陸屋根のメリット

  • 外観がスマートでかっこいい。
  • 屋上スペースを利用できる。
  • 太陽光パネルの設置も有利
  • 雨漏りをした場合でも、メンテナンスが容易

陸屋根のデメリット

  • 高さが全くない為、小屋裏収納はスペースが確保できない。
  • 2階の天井と屋根までの距離がほとんどない為、夏場は断熱をしていても結構暑い
  • 初期コストが通常の屋根より高い事が多い

 

最後に

以上が今、採用される事が多い屋根の種類です。

他にも昔ながらの屋根の形状の入母屋とか、尖った屋根の方形屋根など実に様々な屋根の形状があります。

しかし、住宅で使う屋根は基本的にはこの中のどれかになるかと思います。

全ての屋根にメリット・デメリットをつけて解説させていただきましたが、他の屋根と比べてって程度の解釈です。

雨漏りに不利と書かせていただきましたが、他と比べれば不利な部分があるよってだけなので、この屋根は雨漏りするからダメ!ってほどでもありません。

まぁリスクは避けるに越したことはありませんが・・・

ただ片流れ屋根の部分に書かせていただきましたが、軒の出がゼロの物件は本当におすすめしません。

片流れ屋根で軒の出がゼロの家はコスト的に安く済む為、建売業者の間で結構建ててましたが、雨漏りする確率が他と比べて結構高いです。

今では軒の出ゼロでも工務店様などが工夫して、できる限り雨漏りを防ごうと試行錯誤されていますが、それでも構造の仕組み上、雨が入りやすいので防ぐのは難しいですね。

屋根はできる限りシンプルな方が雨漏りはしにくいので、その点も考慮しつつ、見た目の好きな屋根を選んでみてはいかがでしょうか。

 

今回は 屋根の形状(寄棟・切妻・片流れ・陸屋根)について徹底解説 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。