住宅

シロアリ対策!防蟻処理はどれくらいで行うべきか

こんにちは、建築業界で10年以上働いているKatzeです。

みなさんは家に住み始めてからシロアリの対策はしてますか?

木造住宅にとってシロアリは天敵!

しかし、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の場合でも油断は出来ません。

シロアリの被害にあわない為に、しっかり対策を行いましょう。

 

防蟻の保証とは

まず新築で家を購入した際、シロアリや害虫に対する防蟻の保証が付いています。

その期間は5年となります。

5年以内であれば、シロアリの被害にあった場合は保証されます。

保証の上限については各メーカーによって異なります。

また、5年以降も保証を続ける場合は更新する事もできます。

防蟻保証の更新

上記でも記述した通り、防蟻処理は5年の保証がついています。

しかし、大体の防蟻保証は5年更新型となっていて、5年後に自分で申請して更新する事で保証を伸ばすことが出来ます。

シロアリの防蟻剤はあまりに強力なものを使用すると人体に悪影響を与える恐れがあるため、使用できません。

そのため、5年毎に再塗布を行う必要があります。

その際に、保証の更新も行うことができます。

最近では城東テクノ株式会社様が防蟻剤を使用しない防蟻の工法としてJotoキソパッキング工法というものがあります。

これは自然の風を利用し、床下内に湿気をこもらないようにして、シロアリの住みやすい環境をなくしてしまおうという工法です。

こちらも5年更新型で、10年以降は更新料がかかりますが、防蟻剤を塗布するよりは安くすみます。

此方は最大で30年まで保証を更新することが出来ます。

10年目以降の延長保証についてはこちらをご覧ください。

また、「うちは鉄骨構造だからシロアリは関係ない」と思っている方がかなりいます。

それは間違いです。

構造躯体が鉄骨や鉄筋コンクリート造だとしても、床や畳、窓枠やドアなどいくらでも木材を使用しているところはあります。

そういった部分がシロアリの被害を受けることがあります。

鉄骨造や鉄筋コンクリート造の場合でもしっかりシロアリ対策を行いましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

防蟻処理は自分で行っていかなければいけない為、忘れがちですがシロアリの被害は瑕疵担保責任の保証は適用されないので、5年毎にしっかり防蟻処理を行う事をお勧めします。

シロアリの被害は気が付いた時には手遅れなケースが多く、それを改修を行うのはかなり大掛かりな工事が必要となります。

被害状況も全てを把握するのは難しく、壁をめくって確認しなければならない事もあります。

そうならないように、しっかり対策して予防しましょう。

 

今回はシロアリ対策!防蟻処理はどれくらいで行うべきかというテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。