住宅

必見!建売住宅のメリット・デメリットとは

必見!建売住宅のメリット・デメリットとは

今回は建売住宅のメリット・デメリットについて解説したいと思います。

マイホームを購入する際、まず注文住宅建売住宅中古物件かで悩みますよね。

建売住宅のメリット・デメリットを確認していきましょう

建売住宅とは

建売住宅とは、一般的に土地と完成した建物をセットで販売している形式の住宅の事をいいます。

何区画かある分譲地で何棟か同じ仕様で建てて、販売していることが多いです。

またプランが決まっていて、建築途中でも購入することは可能。

工事の進み具合によってはクロス(壁紙)くらいは選ばせてもらえる事もあります。

基本的には「現状渡し」と言って、実際に見た状態のまま引き渡される事が多いです。

此方の記事も合わせてご覧ください。

注文住宅と建売住宅、売建住宅の違いを徹底解説注文住宅と建売住宅、売建住宅の違いを徹底解説 今回の記事では注文住宅、建売住宅、売建住宅の違いについて解説します。よく言葉は耳にするけどわからない方は是非ご覧下さい。...

 

建売住宅のメリットとは

では、建売住宅のメリットとはなんでしょうか。

 

価格の安さ

一番はやはり価格の安さでしょうか。

決まった仕様でスタンダードに建てている為、無駄な工事が少なく比較的安価で販売している会社様が多いです。

 

モデルハウスだとグレードが高いものが安く買える場合がある

またモデルハウスにしている物件では標準仕様よりグレードの高い仕様を導入していることもありますが、金額的には通常そのグレードを導入するより安く購入できることがあります。

例えば、2つグレードがあり、高い方の仕様にしかついていない耐震等級3相当を安い方の仕様の値段で購入出来たりする事もあるかもしれません。

ウッドデッキのサービスなどもよくありますね。

このようにモデルハウスでは企業様の努力で安くいいものを購入できるケースがあるのもメリットですね。

 

実物を見てから買える

建売住宅の最大のメリットは、実際に見れるという事。

やはり慣れていないとなかなか図面を見て頭で想像する事って難しいですよね。

色々考えて作った間取り、でも実際住んでみたらこんなはずじゃなかった・・・。

なんてこともあります。

担当の方も多少のアドバイスはしてくれると思いますが、実際お客様がどこまでイメージ出来ているかわからないので、よっぽどじゃない限りは「絶対やめといたほうがいい」とは言えません。

最終的にはお客様が「それでもいいです」と言われれば、そのまま建ててしまいます。

そういった、「こんなはずじゃなかった!」が建売の場合はほぼありません。

実際に見て購入するわけですから、イメージの差異が生まれにくいのです。

あとは建売住宅ってよくあるような間取りで、面白みがないと思うかもしれませんが、何百件何千件と建ててきたノウハウがあって、その基準に沿って間取りは作成されます。

面白みが少ないかもしれませんが、スタンダードな間取りが一番住みやすいです。

建売住宅は一個人を想定して間取りを考えるわけではなく、様々な家族の方々が住みやすいように考えて作成します。

少数が住みやすい家ではなく多数が住みやすい家を基準に建てています。

その為、変わったものはあまりないですが、特に不満もないという事がほとんどです。

(土地の形状により変わった間取りになる事もあります。)

 

購入後、即入居可能

すでに完成している為、ローンなどの手続きをして引き渡しが終わり次第すぐに引っ越しが出来ます

注文住宅の場合、結構長いスパンで考えなくてはいけないのですが、建売住宅の場合は予定が組みやすいです。

4月などの年度替わりだと、子供の学校などの手続きがあるので急ぐ時などでもすぐに引っ越しの手続きが出来ます。

 

こだわりがない人にはメリットが多い

住宅にこだわりがない人や少ない人にとってはメリットが多い住宅になります。

欲しいものが付いてないなら自分で工夫してどうにかするってタイプの人なら問題ないでしょう。

 

 

メリット

  • 価格が安い。
  • モデルハウスだと標準では付いていない設備などがサービスで付くことがある。
  • 実際に現物を見て購入できる。
  • イメージによる差異が出にくい。
  • 手続きが終わればすぐに引っ越しが出来る。
  • こだわりがない(少ない)人にとってはメリットが多い

 

建売住宅のデメリットとは

それでは建売住宅のデメリットとはなんでしょうか。

 

間取りや外観に面白みがない

建売住宅は基本的には決まった仕様通りにスタンダードに作る為、上記でも書きましたが、面白みがありません。

良くも悪くもスタンダードな家になります。

 

希望する設備などを諦めなくてはいけないかも・・・

自分が導入したいと思っていた設備や居室など、希望がある場合は諦めなくてはいけない可能性があります。

仕事部屋がほしい、アウトドアが好きなのでSCL(シューズクローク)が広くほしい床暖房が欲しい地震に強い家にしたいなどなど。

もちろん建売住宅でも、探せば希望に近い家もあるかもしれませんが、思い通りの家に出会うのはかなり難しいと思います。

また、あとから付ける場合は工事によっては結構高い費用がかかる場合があります。

 

傷や汚れが残っている事がある

次に、これは会社様によりますが現状渡しなので、細かい傷や汚れなどはそのまま渡されることが原則です。

何度も内覧などを繰り返している物件ですと、いろんな方が出入りしている為、どうしても傷や汚れは付いてしまいます。

そういったことも価格が安い理由ではあります。

とはいえ、完成からあまりに時間が経っている場合はハウスクリーニングくらいは入れてくれるところもあります。

傷に関しても、大きなものであれば契約前に交渉してみましょう。

小さいものに関しては許容しなければならないことが多いです。

 

周囲と間取りも外観もそっくり

最近減ってはいますが、大きい分譲地などの場合はほぼ同じ間取りで何軒も建てることがありお隣さんと同じとか、左右対称の間取りだったりする事もあります。

外観にしても、無難な感じのものが多いです。

一気に建売住宅を建てた場合、周囲に似たような家ばかりという事もあります。

気にしない方なら問題はないですが、個性を出したい人にとってはデメリットになります。

 

デメリット

  • 間取りや外観に面白み(個性)がない。
  • 希望する設備や居室などを諦めなければならない事がある。
  • 理想の物件を見つけられるかは運次第。
  • 基本現状渡しなので、細かい傷や汚れはそのままな事がある。
  • 同じ分譲地内に似た間取りの物件が複数ある。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

建売住宅安く購入できる為、住宅購入を決めた時は注文住宅にするか建売住宅にするか悩みますよね。

自分達の希望通りの家を建てたいのなら注文住宅になりますが、やはり費用は高くなります。

建売住宅は安くは購入できますが、希望通りの家に住むことは難しいです。

注文住宅で自分たちの理想通りの家を建てるか、建売住宅を購入し自分たちのしたい事は工夫して達成していくか。

自分たちで色々工夫するのも結構楽しいものです。

DIYも流行っていますし、スタンダードな建売住宅を購入して自分たち色に染めていくのも楽しいかもしれませんね。

 

今回は 必見!建売住宅のメリット・デメリットとは のテーマで解説しました。

注文住宅や中古物件をお考えの方は下記の記事で解説しておりますので、合わせてご覧ください。

必見!注文住宅のメリット・デメリットとは
必見!注文住宅のメリット・デメリットとは必見!注文住宅のメリット・デメリットとは マイホームを買うに当たって、建売住宅を購入するか、注文住宅を購入するかを決めなくてはいけません。今回の記事は注文住宅について解説します。...
必見!中古住宅のメリット・デメリットとは
必見!中古住宅のメリット・デメリットとは必見!中古住宅のメリット・デメリットとは 住宅を購入する際に選択肢の一つとなる中古住宅。実際に中古住宅を購入する際に気をつけないといけないメリット・デメリットについて解説します。...

御閲覧ありがとうございました。