住宅

住宅の保証期間ってどれくらいあるの?

住宅の保証期間ってどれくらいあるの?

こんにちは、建築業界で10年以上働いているKatzeです。

今回は新築で家を購入した際についてくる保証についてのお話をさせていただきます。

新築住宅についている瑕疵担保責任についての保証は下記で解説していますので、そちらを参照してください。

10年保証?瑕疵担保責任とは【徹底解説】
10年保証?瑕疵担保責任とは【徹底解説】よく10年保証の瑕疵担保責任という文字を見る事がありますが、10年保証は一部のものにしか適用されないのはご存知でしょうか?ほとんどの部位は2年ほど長くても5年で保証が切れてしまう事がほとんどです。10年保証される部分について解説します。...

今回の記事は瑕疵担保責任による10年保証以外の保証について解説していきます。

 

各社の保証基準について

今回解説させていただく保証の基準についてですが、この基準に関しては各会社の保証基準がある事から必ずここに記載されている事が適用されるわけではありません。

期間にしても内容にしても、各会社で基準が定められている為、参考程度にご覧いただけますよう、よろしくお願いします。

ここで記載させていただくのは、一般的に多い保証期間と内容についての記述になります。

最終的には各会社様に問い合わせていただきますよう、よろしくお願いいたします。

大手ハウスメーカーなどでしたら、一般的な保証期間より長い場合もあります。

 

各保証期間

まず保証の期間ですが、瑕疵担保責任の10年保証については建物の完成日より換算して10年間となります。

そして、今回解説する保証に関しては、引き渡し日より換算した保証期間になりますので、ご注意ください。

保証適用除外されるもの

2.適用除外

次の各号に該当する場合は実費を申し受けることになりますので予めご了承おきください。

①事項以下に定める期間を過ぎたもの、または補修事項の発生後すみやかに申し出なかったもの。

②入居後または第三者の故意・過失によるもの。

③引渡後すみやかに入居しない場合、または常時入居しない場合。

④引渡後の改造・改修・機器の増設に起因するもの。

⑤「取扱説明書」等に示された維持管理の方法や取り扱い方法によらないなど、入居者の管理不十分または利用使用上不注意により生じたもの。

⑥経年変化により生じたもので、機能上支障のないもの及び消耗部分の摩減。

 (例:布・ペイント等の日焼け、建具の軋み・そり等、及び戸車・鍵・給水栓等のパッキング等の摩減。ただし、軽微な調整等は除く。)

⑦施工上の原因によらないもの。

 (例:冷暖房に起因する室内乾燥から生じる隙間・そり・軋み等、衛生器具・サッシュ等の結露、石油またはガスストーブ直焚き及び換気不十分により生じた結露及びこれらによって生じるカビ・シミ・汚れ等、動植物の害に起因する損傷、引越による損傷等。)

 ⑧契約時、実用化された技術、工法、部・資材では、予見することが不可能な現象または、これらの原因により生じた故障・不具合等。

⑨通常、人として補修の必要を認めない程度の音・振動・におい等の現象及び近隣の土木工事・建築工事または重量車輛の通行等による振動・騒音。

⑩台風・強風・雨水害・大雪等の異常気象及び地震などの天災事変により生じたもの、または公害に起因するもの。

⑪その他補修責任を施工者に帰することができない場合。

要約すると、施工者が原因による症状でなければ保証出来ませんという事です。

ただし、通常当たり前に使用していて起こる不具合に関しては各社の規定に基づき保証対象となります。

台風や豪雨などで雨漏りをした場合は基本的には対象外になります。

 

各保証期間

各保証期間に関して一気に見ていきましょう。

上記でも記述しましたが、各会社によって保証内容は差異がありますので、参考程度にご覧ください。

部位・設備

現象

期間(年)

備考

構造耐力上主要な部分(瑕疵担保責任)

基礎

柱・梁等

屋根・屋上

亀裂、破損等

亀裂、破損、傾斜、たわみ等

亀裂、破損、傾斜等

亀裂、破損、傾斜等

亀裂、破損、雨漏り等

10

軽微なヘアークラックは除く。

 

 

 

<雨漏り>建物完成後10年間。

<亀裂>収縮の亀裂及び構造。

機能上影響がないものを除く。

雨どい

ルーフバルコニー

変形・破損・排水不良・取付不良

塗装のはがれ

2

1.5

<変形・破損>サビを除く。

バルコニー

雨漏り・排水不良・亀裂・破損

 

 

 

塗装はがれ

2

 

 

 

1.5

<亀裂>収縮亀裂及び構造。

機能上影響のないものは除く。

<破損>コンクリート面・モルタル面等のはがれ、脱落

<塗装のはがれ>路面を除く。

外部手摺(物干し金物を除く)

面格子

亀裂・破損

 

塗装のはがれ

2

 

1.5

<破損>取付不良・取付部分腐食

 

 

 

外壁

外周部(外周壁の内側を含む)

コンクリート打放し補修

ボーダータイル

吹付タイル

巾木各種

雨漏り(瑕疵担保責任)

亀裂・破損

 

 

 

 

塗装のはがれ

10

2

 

 

 

 

1.5

<雨漏り>建物完成後10年間。

<亀裂>収縮の亀裂及び構造。

機能上影響がないものを除く。

<破損>コンクリート面・モルタル面等のはがれ、うき、脱落。

 

<塗装のはがれ>路面を除く。

 

 

内壁

下地材

ビニールクロス

押入ベニヤ

巾木各種

クローゼット化粧合板

 

変形・破損

亀裂・破損

 

 

 

塗装のはがれ

2

2

 

 

2

1.5

<変形>そり。

<亀裂>収縮の亀裂及び構造。

機能上影響がないものを除く。

<破損>はがれ、うき等

 

 

300角タイル

インターロッキング

コンクリート直押え

 

下地材

フローリング

ラワン合板

クッションフロア

スタイロ畳

亀裂・破損

 

 塗装のはがれ

変形・破損

破損

 

2

 

 

 

1.5

2

2

 

2

2

<亀裂>収縮の亀裂及び構造。

機能上影響がないものを除く。

<破損>はがれ、うき等。

<塗装のはがれ>変褐色を除く。

 

 

 ただし、畳表は引渡時の確認のみ

 

 

 

 

天井

 

外部

リシン吹付

 

亀裂・破損

 

 

塗装のはがれ

2

 

 

1.5

<亀裂>収縮の亀裂及び構造。

機能上影響がないものを除く。

<破損>はがれ、うき等。

<塗装のはがれ>変褐色を除く。

 

 

 

内部

下地材

ビニールクロス

杉柾化粧石膏ボード

押入ラワン

ラワンベニヤ

変形・破損

破損

 

 

 

塗装のはがれ

2

2

 

 

 

1.5

<変形>そり、さがり。

<破損>はがれ、うき等。

 

 

 

<塗装のはがれ>変褐色を除く。

玄関扉

雨漏り

変形・破損・作動不良

2

2

<破損>ガラスは引渡時の確認のみ。

網戸

変形・破損・作動不良・取付不良

2

<破損>網は引渡時の確認のみ。

敷居・鴨居・柱・内部扉・ガラス扉

変形・破損・作動不良・取付不良

2

<変形>軋み、そり、ねじれ。

<破損>ガラスは引渡時の確認のみ。

襖・障子

変形・破損・作動不良・取付不良

2

<破損>襖紙・障子紙は引渡時の確認のみ。

金具金物

カーテンレール

変形・破損・作動不良

取付不良

2

 

造作家具

変形・破損・作動不良・取付不良

2

物入・押入・クローゼットを含む。

 

電気設備

各戸専用分電盤

取付不良・結線不良・破損

2

 

配管・配線

破損・つまり・結線不良

5

 

スイッチ・コンセント

作動不良・取付不良

2

 

照明器具

作動不良・取付不良

1

管球・消耗品を除く。

テレビ共聴設備

作動不良・取付不良

2

 

インターホン

作動不良・取付不良

1

 

 

 

給排水設備

給水管

水漏れ

折損・保温及び防露の破損

5

2

 

排水管

水漏れ

折損・保温及び防露の破損

5

2

 

設備給水管

水漏れ・取付不良

2

パッキング等消耗品は除く。

排気ダクト

変形・破損・作動不良・取付不良

2

 

換気扇・換気口

レンジフード

 

破損・作動不良・取付不良

2

<破損>取付金具の脱落破損。

ガス設備

ガス配管

ガスコック栓

折損・取付不良

2

 

厨房設備

水漏れ・作動不良・取付不良

2

流し・レンジ・吊戸棚は1年。

衛生設備

(洗面化粧台含む)

水漏れ・排水不良・破損・取付不良・作動不良

2

<破損>衛生陶器は引渡後の確認のみ。

浴室設備

ユニットバス

水漏れ

破損・作動不良・取付不良

5

2

 

浴槽・シャワー等

水漏れ・破損・作動不良・取付不良

2

 

各戸専用給湯

配管

水漏れ・排水不良

2

 

機器

水漏れ・破損・作動不良・取付不良

1

 

各種私設メーター

破損・計量不良

 

 

その他

電気製品・ガス製品等メーカー保証のあるものは、その保証期間とします。

ざっとこんな感じになります。

ほとんどのものが2年以内に保証が切れてしまいます。

配線・配管も5年で保証が切れてしまいます。

つまり、5年以降は瑕疵担保責任に規定される「構造耐力上主要な部分」と「雨水の侵入を防ぐ部分」以外の部位に関しての保証は効かなくなってしまいます。

また保証対象の補修に関して、各会社の規定に基づき行われます。

不具合が出たから全部やり替えという保証ではありません。

大体が、不具合が起きた部分のみの補修となります。

あとは各会社様の方針ですので、お問い合わせください。

上記に記載のない部分につきましては保証がそもそも付いていないものもあります。

それについても各会社様にお問い合わせください。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

今回は各部位の保証期間についての解説をしました。

重ね重ね申し上げますが、保証期間や内容については各会社様の規定に基づいて行われるので、上記の内容についてはあくまでも一般的に多いものになります。

これが絶対ではありませんので、詳しくは各会社様にお問い合わせいただきますようよろしくお願いいたします。

また法律的にもグレーな部分もあり、ネット上で様々な意見があります。

しかし、家というのは常に雨風に晒され、紫外線などにより劣化が進んでいきます。

保証も確かに大切ではありますが、保証が切れた後も長く住み続けるために、自分たちでメンテナンスを行うことで、より長く安心に暮らしていくことが出来ます。

メンテナンスに関しての解説は下記の記事で解説していますので、ご確認ください。

【マイホーム】住宅のメンテナンスの時期とは
住宅のメンテナンスの時期とはマイホームで暮らしていると年々家は劣化してきます。10年保証がついているとはいえ、全てを保証してくれるわけではありません。保証が切れたものも適切にメンテナンスを行って、ずっち安心して暮らせる家にしましょう。...

 

今回は 住宅の保証期間ってどれくらいあるの? というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。