住宅

10年保証?瑕疵担保責任とは【徹底解説】

10年保証?瑕疵担保責任とは【徹底解説】

こんにちは、建築業界で10年以上働いているKatzeです。

今回はよく住宅を購入するときに聞く、10年保証についてです。

瑕疵担保責任という保証制度の事です。

その内容について、確認していきましょう。

 

瑕疵担保責任とは

瑕疵担保責任とは住宅品質確保法に規定されているもので、通常に暮らしている状態では見抜けない隠れた瑕疵などについて売主が保証しなくてはならない制度です。

瑕疵とは…傷や欠点部分の事。必要な性質が欠けている事。

これは建築基準法にある住宅瑕疵担保履行法という法律により保護されており、新築住宅を販売している会社に対し、住宅品質確保法に定められた10年の瑕疵担保責任を履行する為、「保証金の供託」「保険の加入」を義務付けています。

つまりどういうことかというと、もし売主が10年以内に廃業や倒産をした場合、その住宅に対して保証する事が出来なくなるため、売主が廃業、倒産した場合でも10年間の間はその供託金や保険によって保証されるということです。

これは買主側に不利益にならないように定められている法律になります。

なのでよく、10年保証という言葉をよく耳にするかと思いますが、これは法律によって保護されている保証ということになります。

もちろん、会社が健在であれば、売主である会社によって保証されます。

その保証期間については通常、建物の完成日より換算して10年間となります。

引き渡し日からではないのでご注意ください。

では、どういったものが10年保証されるのでしょうか。

 

10年保証されるものとは

よく勘違いされているかたが多いのですが、新築は10年間全ての物に保証が付いているというわけではありません。

住宅品質確保法によって定められている瑕疵担保責任とは「構造耐力上主要な部分」及び「雨水の侵入を防ぐ部分」となっています。

構造耐力上主要な部分

  • 基礎
  • 土台
  • 横架材(梁)
  • 壁(耐力壁)
  • 床版
  • 斜材(筋交い)
  • 小屋組み
  • 屋根版

雨水の侵入を防ぐ部分

  • 屋根
  • 外壁
  • 開口部(窓など)

原則、上記に記載されている部分の損傷や不具合、そこからの雨漏りに対して保証されます。

上記の部分に対しては10年保証が対象になります。

これに関しては法律で定められているため、日本のどこの住宅メーカーで購入しても保証されるものです。

これは新築住宅における基準です。

中古住宅などには適用されませんのでご注意ください。

例えば築2年の中古住宅を購入したとしても、残りの8年は保証が残っているから保証されるというものではありません。

新築を購入した買主に対しての保証になる為、売られた時点で保証から外れます。

中古住宅の瑕疵担保責任は、0~1年程度となります。

0ということで、無い場合もあるという事です。

個人であれば0~3か月、不動産屋からの購入であれば1年程度が多いです。

中古住宅を購入される場合はご注意ください。

 

10年保証が適用されない場合とは

では10年保証が適用されない場合とはどういったものがあるでしょうか。

基本的には上記に記載されているもの以外については10年保証はついていません。

保証がついているものも、何かしらの工事が入ったり、他の要素が起因となっている場合は対象外になります。

例えば壁が保証対象になっていますが、物をぶつけて穴が開いたとかエアコンの孔から雨漏りがした場合は保証対象外となります。

壁と記載されているのでややこしいですが、クロス(壁紙)に対しての保証ではありません。

壁とはあくまで耐力壁の不具合というもので、構造上の不具合でなければ対象となりません。

また雨漏りに関しても、開口部も対象ですが窓を開けっぱなしにしていて雨が吹き込んだ、というのももちろん保証対象外となります。

閉めていても雨が入ってきた場合のみ保証対象となります。

また経年劣化によるものに関しても、保証されるものではありません。

つまりは、普通に暮らしていて床が傾いてきたりしたり、通常の雨によって室内に雨が侵入してきた場合のみ対象となります。

またこの10年保証では、天災によるものは対象となりません。

台風や地震など、最近ですと災害クラスの大雨などによって雨漏りや構造耐力に不具合が起きた場合は保証対象外になります。

基本は売主側の責任による瑕疵が対象になっている為、おおよそ誰が行ってもなったであろう被害に関しては保証されませんのでご注意ください。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

新築を購入した人が不利益を被らないように制定されている瑕疵担保責任と住宅瑕疵担保履行法。

これにより10年の保証が必ず付いてきますが、天災の場合などは適用外となり実費となります。

また瑕疵担保責任の対象となっているもの以外については会社様によって多少差はありますが、各々が定めた保証期間がありますので、それに基づいて保証されます。

瑕疵担保責任は最低限暮らしていく上での保証となります。

もし売主が廃業、倒産したとしても最低10年は供託金や保険などで保証されますので、購入の際は保険会社などを確認するようにしましょう。

保証が切れた後も長く住み続けるために、ある程度のメンテナンスも定期的に行うようにしましょう。

【マイホーム】住宅のメンテナンスの時期とは
住宅のメンテナンスの時期とはマイホームで暮らしていると年々家は劣化してきます。10年保証がついているとはいえ、全てを保証してくれるわけではありません。保証が切れたものも適切にメンテナンスを行って、ずっち安心して暮らせる家にしましょう。...

 

 

今回は 10年保証?瑕疵担保責任とは【徹底解説】 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。