住宅

失敗しない!窓の配置計画の考え方とは【徹底解説】

今回は間取りの段階で考える窓の配置計画について解説します。

窓の配置の後悔を耳にすることはあるでしょうか。

意外と失敗しやすい窓の配置。

窓の配置で後悔しないように、考え方を確認していきましょう。

 

窓の配置で光の入り方を考えよう

まずなにかと重要な光の入り方です。

思ってたより暗い部屋になった。

西側に付けたせいで、西日がきつく暑いなどなど。

住んでみないとわからない後悔がよくきかれます。

まずは自分の家がどの方角に向いて建っているか確認しましょう。

東向きは朝日が、南向きは日中の光が、西側は西日が、北側は安定した採光が入ってきます。

ここで一番避けたいのはやはり、西日です。

一般的には西日は日が入る時間が短く、あまりいい印象はありません。

夏場はとても暑くなってしまいますので、遮光カーテンなどの対策が必要になります。

しかし活動時間が遅めの方にとってはメリットもあります。

起床がゆっくりな為、朝日に照らされることがないので睡眠を妨げることを防げます。

また午後から夕方に日があたるので、起きるころには明るく、冬場は暖かくなります。

次に北側は朝から夕方まで、太陽の光が差し込むことが少なく、暗い印象になりやすいです。

なので水回りを北側に配置する事が多いです。

ただ、北側は直接日が差し込まないので、安定した明るさを保つことが出来ます。

続いて東側、朝日が差し込む面ですね。

朝日が窓から入ってくるので、朝自然に起きることが出来る為、子供部屋などに最適な向きです。

また朝日を浴びると前向きな気分になると言われています。

最後に南側

南側は日中日が差し込む為、リビングなどの窓に適しています。

また冬は太陽高度が低くポカポカ暖かく夏場は太陽高度が高い為、軒先を伸ばしておくことで日の光を遮りやすい方角となっています。

とはいえ、やはり夏場は暑いです。

南面に吹抜けなどを作って、大きい窓を入れた場合は夏が過ぎるまでずっとカーテンをしないといけないようになる可能性があります。

1階なら軒先などを伸ばすなど、吹抜けで大きい窓を付ける場合は高い断熱性能を持った窓を入れるなど調整することで快適な空間を作ることが出来ます。

 

その配置で通風は大丈夫?

続いて通風に関しての解説です。

窓を配置する場合、光と風の通り道を考える必要があります。

例えば・・・

失敗しない!窓の配置計画の考え方とは【徹底解説】

このように、窓と窓の距離が近いと風が部屋の端っこだけしか通らない為、空気が籠りやすくなります。

なので窓を出来るだけ離すことで、部屋全体に風が抜けやすく配置する事が大切です。

失敗しない!窓の配置計画の考え方とは【徹底解説】

こんな感じで部屋の対角線上に窓を配置する事で、風の流れる距離を長くし、部屋全体を循環出来るようにすると効果的になります。

また先ほど光の入り方で北側はあまり光が入らないと説明しましたが、夏場はそのおかげで他の部屋に比べると室温が低くなります。

また温度が上がりやすい南面と北面の窓を開けることで、気温差による風の流れが生まれ、心地よい風が流れやすくなります。

なかなか一部屋で北面と南面を確保することは難しいですが、ドアを開けることで通風出来るようにしておくと良いでしょう。

 

ここに窓を配置したばっかりに使わない窓に・・・

続いては、窓の配置を考えなかったせいで、カーテンを閉めっぱなしになり使わない窓になる例。

これは隣家との兼ね合いによるところが大きく影響します。

まず隣家と窓がガッチンコしてしまった場合です。

これは計画する段階で調べておけば避けられるのですが、意外と調べずにささっと図面を決めてしまう会社様もある事が多く、建ってから気づくなんて事もしばしば・・・。

これは最初に「隣の家と窓が被らないようにしてください」と一言言っておくだけで避けれる事なので、必ず伝えておきましょう。

同じように、道路に面した部分に作った大きな窓。

南向きの家でリビングを南向きに配置し、光をいっぱい取り入れるために設置した大きな窓。

しかし、道路に面しているため人通りが気になり、結局カーテンは常にしまっている状態。

これについては、型板ガラスやすりガラスを入れる事で対策は可能ですが、室内のシルエットが映るのが気になる方は他の対策が必要になります。

 

最初はおしゃれでよかったけど・・・

見た目がおしゃれな雰囲気になる吹き抜けの大きな窓や、天窓(トップライト)。

しかし、意外な落とし穴があります。

それは、掃除が出来ない事。

確かに最初は明るく、非常に綺麗な状態で見る事が出来ます。

しかし、時間が経つにつれ、窓は汚れ、吹き抜け部分の窓枠には埃が溜まっていきます。

天窓は鳥のフンなどが、狙ったように落とされる事もあります。

透明のガラスにしてたら、もう観れたものじゃありません。

天窓から夜空を眺めたいという希望も聞く事があるのですが、型板ガラスやすりガラスにすることをおすすめします。

吹き抜けのガラスもそうですが、型板ガラスにすることで、汚れが目立ちにくくなり、また隣家の視線も防ぐ事ができます。

透明ガラスだと結構汚れがわかってしまうので、掃除ができない、しにくい箇所は型板ガラスにするようにしましょう。

天窓については下記でメリット・デメリットを解説してますのでご覧ください。

天窓(トップライト)のメリット・デメリットについて
天窓(トップライト)のメリット・デメリットについて天窓(トップライト)のメリット・デメリットについて 開放感が出て、部屋も明るくなりおしゃれな空間を演出してくれるトップライト(天窓)。しかし、トップライトにもいくつかのデメリットがあります。...

 

カーテンレールは大丈夫?

そして、見逃しがちなカーテンレールの取り付けに関する事。

どこでも付けれるんじゃないの?と思うのですが、注意する部分があります。

それは、窓を角に設置したとき別の面にクローゼットなどの折戸などがある場合です。

先ほど風の流れで使った画像で確認してみましょう。

失敗しない!窓の配置計画の考え方とは【徹底解説】

こちらの上の方の窓、角を挟んでクローゼットの折戸がありますね。

この場合カーテンレールの窓の上につけると、クローゼットの折戸を開けた時に折戸とカーテンレールが干渉してしまいます。

こうなった場合は開口が狭くなってしまうので注意が必要です。

すでにこのような状態になってしまっている場合は、窓枠の内側につけるオーダーメイドのカーテンやブラインドなどで対処しましょう。

もしくは、折戸は片方が固定されているので、その固定を解除してもらう事も出来ます。

そしたら窓と逆側に扉を持っていけるので、多少はマシになります。

まだ変更が間に合う場合は、少し窓を離して取り付けるか、折戸の開き勝手を逆にしてもらうなどの対処をしましょう。

また、ほとんどありませんが、エアコンとカーテンレールが干渉する事が稀にあります。

窓とエアコンを取り付ける位置をしっかり確認しておきましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

窓の配置一つにしても、なかなか奥が深いもので、誰がどのように使うかによって窓を配置した方がいい方角があります。

また風の動きなども意識する事で、快適な生活空間を自然の力で作り出しやすく出来ます。

天窓や吹き抜けの窓も掃除をどうするか、掃除できない場合のことを考えてガラスを汚れがわかりにくいものにするなど、対策はしておいた方がいいでしょう。

天窓や吹き抜けの大きな窓のように、メリットがデメリットになる事もあるため、電動ブラインド電動カーテンなどを設置し、調整できるようにしておく事が大切になります。

そういったデメリットを考慮し、事前に対策をしておく事で、快適な生活空間を作りましょう。

 

今回は 失敗しない!窓の配置計画の考え方とは【徹底解説】 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。