メンテナンス

住宅のメンテナンスの時期とは

【マイホーム】住宅のメンテナンスの時期とは

今回は住宅を購入して、これから何十年も暮らしていく上で必要なメンテナンスの時期を解説していきます。

家というのは常に雨風に晒され、室内もエアコンなどで気温や湿度の変化が激しく

何もせずに放っておくと、だんだん劣化していき、様々な不具合が現れてきます。

適切な時期に適切なメンテナンスを行う事で、長く快適に暮らす事が出来ます。

それではメンテナンスの時期を確認していきましょう。

 

屋根

まずは屋根のメンテナンス。

屋根は特に雨漏りなどの症状がなければ、大体10年毎に表面の塗装を行うのが良いでしょう。

10年毎に塗装を行い30年目に葺き替えを目安に考えておくといいでしょう。

また、強風が吹いた時や、台風が過ぎた後、地震がおきた後は遠くの方から屋根を見て、瓦がズレていないか確認しましょう。

強風などの時は飛来物などにより瓦が割れてしまう事があるので、屋根の上に上ると危ないので、遠くからでも確認しておきましょう。

シート防水の場合は15年で増し貼り、30年目に増し貼り若しくは総やり替えとなります。

軒天や破風なども15年毎に塗り替えるといいですが、瓦の場合は10年毎に行う瓦と一緒に済ませてしまうとコストを抑えられます。

30年目に劣化がひどい場合はやり替えを行うと良いでしょう。

メンテナンスの目安

屋根

  • 10年目:表面塗装
  • 20年目:表面塗装
  • 30年目:葺き替え

シート防水・軒天など

  • 15年目:増し貼り、表面塗装
  • 30年目:増し貼りかやり替え、表面塗装かやり替え

外壁

続いて外壁のメンテナンス。

こちらは外壁もコーキングも基本的には10年毎にメンテナンスを行います。

サイディングの場合は10年毎に表面塗装を行い、30年目に増し貼り若しくは張替えを行うのが良いとされていますが、問題がなければ表面塗装だけで大丈夫です。

コーキングも10年毎が推奨になっておりますが、日当たりにより5年~10年の間ボロボロになる事があります。年に1度は確認するようにしましょう。

塗りの壁の場合も10年毎に表面塗装を行い、都度都度割れてたり浮いている部分は塗り替えを行うと良いでしょう。

やはり30年目には塗り替えを行うのが推奨となります。

外壁も足場が必要な工事になる為、屋根の塗り替えと合わせて行う事でコストを抑えることが出来ます。

メンテナンスの目安

サイディング・コーキング

  • 10年目:表面塗装・コーキング打ち換え
  • 20年目:表面塗装・コーキング打ち換え
  • 30年目:増し貼り若しくは張替え(適宜)

塗り壁

  • 10年目:部分補修・表面塗装
  • 20年目:部分補修・表面塗装
  • 30年目:塗り替え(適宜)

 

バルコニー

続いてバルコニーのメンテナンスです。

バルコニーは防水パンの場合は、10年毎に部品の交換を行い、30年目で本体ごと交換になります。

シート防水やFRP防水の場合は10年毎に張替えが望ましいとされています。

業者様に見てもらい、大丈夫そうなら増し貼りのみでも大丈夫です。

防水は切れたら水が漏るので、定期的に点検しましょう。

砂埃などが溜まっている状態でバルコニーに出ると擦れて、細かい傷がつき、それが繰り返されると表面がすり減ってしまうので、マメに掃除するようにしましょう。

メンテナンスの目安

防水パン

  • 10年目:部品交換
  • 20年目:部品交換
  • 30年目:本体取り換え
  • シート防水・FRP
  • 10年目:増し貼りもしくは張替え
  • 20年目:張替え
  • 30年目:張替え

 

サッシ類

サッシに関しては不具合が起こったらその都度調整や交換を行うようにすれば大丈夫ですが、一応推奨は、やはり10年が目安になります。

ドアの蝶番などの動作を確認、ドアクローザーも確認して動作が悪ければ交換しましょう。

サッシに関してはクレセント(鍵)の不具合、電動シャッターの場合はモーターの交換などになります。

こちらも10年を目安に交換などを検討してください。

一応推奨はありますが、ドアやサッシに関しては使えるのであれば、特に無理して交換する必要はありません。

あくまで交換する推奨時期となります。

30年でドアなどを交換となっていますが、よっぽどの事がない場合がそのまま使い続けて大丈夫です。

こまめに調整したり、レールの掃除などをして長持ちさせるようにしましょう。

ドアなどをメンテナンスする時はシリコンスプレーを使用しましょう。

シリコンスプレー以外だと油に砂埃などがくっつくので、最初は動作がよくなりますが、少しすると余計に動作が悪くなるので注意しましょう。

 

メンテナンスの目安

玄関ドア・勝手口

  • 10年目:動作確認・ドアクローザー交換
  • 20年目:動作確認・ドアクローザー交換
  • 30年目:本体交換

サッシ

  • 10年目:動作確認・モーター交換
  • 20年目:動作確認・モーター交換
  • 30年目:電動シャッター交換

内装

まずはクロス(壁紙)ですが、推奨としては10年ごとに張り替えが望ましいとされています。

クロスも日に焼けてきたり、埃などで黒くなってきたり、タバコのヤニで汚れてきたりしますので、10年を目安に張り替えると家が見違えます。

内装は大部分をクロスが占めているため、クロスを張り替えるだけで大分綺麗になります。

内装ドアは動作が悪くなったらシリコンスプレーを塗布したり、部品の交換を行いましょう。

30年目で本体交換となってますが、使用に問題がなければ特に必要はありません。

フローリングは10年以降5年毎に部分補修を行い、30年目を目安に張り替えが推奨となってますが、フローリングは範囲が広いと補修もそれなりに高くつきます。

張り替えなんてことになると、なかなかすごい費用がかかります。

もしフローリングがどうしようもないくらい劣化してしまった場合は、張り替えよりクッションフロアを上から貼るなどの方法もあるので、業者様に相談してみましょう。

は5年毎くらいに、裏返し、表替え、裏返し、表替え・・・を繰り返す感じでいいと思います。

メンテナンスの目安

クロス

  • 10年目:張り替え
  • 20年目:張り替え
  • 30年目:張り替え

内装ドア

  • 10年目:動作確認・部品交換
  • 20年目:動作確認・部品交換
  • 30年目:本体交換

フローリング

  • 5年目:部分補修
  • 10年目:部分補修
  • 15年目:部分補修
  • 20年目:部分補修
  • 25年目:部分補修
  • 30年目:張り替え

  • 5年目:裏返し
  • 10年目:表替え
  • 15年目:裏返し
  • 20年目:表替え
  • 25年目:裏返し
  • 30年目:畳交換

 

防蟻

最後に防蟻処理です。

1つ注意が必要なのですが、シロアリの防蟻保証は5年更新型になっているので、5年後に更新しない場合は5年で保証は切れてしまうので注意しましょう。

防蟻処理は5年毎に防蟻剤を塗布するようにしましょう。

メンテナンスの目安

防蟻処理

  • 5年目:防蟻処理
  • 10年目:防蟻処理
  • 15年目:防蟻処理
  • 20年目:防蟻処理
  • 以降5年毎に防蟻処理

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回はメンテナンスの目安について解説させていただきました。

このメンテナンスの時期や方法はあくまで推奨時期ですので、絶対した方がいい時期ではありません。

全てをこの通りにするのが一番いいですが、かなりの費用がかかってしまうので、お財布と相談しつつメンテナンスを行なっていきましょう。

屋根や外壁のコーキングなどは雨漏りに直結するので、10年目くらいにメンテナンス出来るように貯金しておきましょう。

家の規模、塗装の材料の種類などにより費用は大きく変わりますが100万円くらいを目安とお考えください。

 

今回は 住宅のメンテナンスの時期とは というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。