住宅

間取り作成ソフトのご紹介

本日は「間取りを自分で色々考えるのに便利なソフトはないの?」って人向けに間取りを作成するソフトをご紹介いたします。

実際に使ってみて、初めての方でも使い安いもののみを紹介したいので、少ないですが3つ紹介させていただきます。

 

 

住宅間取り設計

まずは「住宅間取り設計」という無料ソフトです。

ささっと間取りを作るだけなら、十分なソフトです。

一応3Dも出来ますが、各階毎でしかされない為、外観は見れません。

間取りと各階毎の内観パースを見るだけならこれ1つでOK

作った間取りを保存も出来、完成すれば印刷も出来ます。

またチュートリアルの動画がサイト内にあるので、初心者の方でも安心して操作出来ます

住宅間取り設計ソフト

住宅間取り設計様より引用

 

マイホームクラウド

次は株式会社マリエッタ様が提供している無料サービス「マイホームクラウド」というソフトです。

マイホームクラウドは間取りから3Dで外観、内観も見ることができます。

またこのソフトは非常に優秀で、さっと部屋を作ったら、自動で廊下を作成出来たり、各階の建具を自動で取り付けたりしてくれます。

廊下はそこ!?ってとこにつくときはありますが、それはご愛嬌。

建具や家具などもしっかり作り込めます。

屋根も作ったり出来るので、作り込めば結構楽しいです。

また、これのすごいところは3Dにしたらウォークスルーが出来ます。

つまり、歩いているような視点で、家の中を見て回れる機能がついています。

さらに、他の人が作った間取りも見ることが出来るので、色々と参考にできます。

無料でここまでの機能がついているとは驚きでした。

普通に有料でもおかしくないレベルのCADソフトです。

自分の家の間取りを考えるのに使うだけならこれだけで十分です。

会員登録をすれば、保存することができ、スマホやタブレットなどでも見ることが出来る為、非常に利便性が高いです。

間取りを印刷することも出来ます。

マイホームクラウドソフト

株式会社マリエッタ様より引用

 

 

3DマイホームデザイナーPRO

最後に有料にはなりますが3DCADの中では安価で非常に使いやすいソフトになります。

全体的に使用感がよく、建具や家具も豊富です。

素材センターに有料登録をするとさらにパーツが増えます。

有料登録しなくても使えるパーツもあるので、ちょくちょくチェックしてみると増えてたりします。

ウォークスルーの機能ももちろんついてます。

外壁も外壁メーカー様がCG画像データを配布していれば、その外壁を外観に貼り付ける事ができ、よりイメージを固めやすくなります。

窓やドアの細かい寸法の指定なども出来、自由度が高くなってます。

スマホにアプリを入れれば完成図を持ち歩くことも出来ます。

また太陽の位置を変えたり、レンダリングして仕上げることも出来ます。

ただ安いとは言っても5万円以上するので、自分たちの間取りを考えるだけの為に購入するのは勿体無いですね。

この業界にいて、何度も使うのであれば購入をおすすめします。

私もこの商品を長く愛用しております。

 

最後に

以上3つのソフトのご紹介でした。

マイホームの間取りを考えるだけなら「マイホームクラウド」が一番おすすめです。

間取りを決めたらあとは自動で建具を付け、3D化してくれるので、ドアや窓つけるのが面倒と思う方でもすぐに作る事ができます。

会員登録すれば出先などでも見る事が出来るのもいいですね。

いろんなプロの図面も見てみたいという方はこういったサービスもあります。

タウンライフ

無料で一括で何社かのプラン提案を受ける事が出来るサービスです。

敷地図があると、それに合わせたプラン提案が可能です。

また、資金計画などもしてくれるので、とても参考になると思います。

プロとは言っても、その人によっていろんなプラン提案が出来ると思うので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

今回は 間取り作成ソフトのご紹介 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。