住宅

建蔽(ケンペイ)率、容積率とは【徹底解説】

土地を探しているとよく、「建ぺい率」や「容積率」って文字を目にしますよね。

知らないで購入すると、家を建てる時に思わぬ問題が発生するかもしれません。

今回の記事は「建ぺい率」、「容積率」について解説していきます。

購入前にしっかり学んで理解しましょう。

 

建ぺい率とは

それではまず建ぺい率の解説からさせていただきます。

建ぺい率とは敷地面積に対して、建物の割合の事です。

建物の面積は1階部分の面積ではなく、「水平投影面積」によって算出します。

例えばこのように、1階部分は10m×8mで2階部分が斜線部分の4m×10mで2mだけ飛び出しているとしましょう。

通常1階と2階の大きさが同じ、もしくは2階の方が凹んでいて小さい場合は1階部分の面積だけが適用されます。

しかし、このように2階部分が小さくても1階部分より飛び出していたり、2階部分が大きい場合は、飛び出している部分も面積に反映されます。

つまり、水平投影面積とは、真上から水平に見た時の建物の面積という事です。

上記の画像の場合は1階部分の10m×8m=80㎡ + 2階の飛び出した部分の面積4m×2m=8㎡ =88㎡が敷地面積に対する建物の面積という事になります。

そして、敷地面積が150㎡だったと仮定して計算すると

建ぺい率(%) =建物の面積88㎡ / 敷地面積150㎡ ×100

という事になります。

つまり建ぺい率が60%と表記されている場合は、敷地面積の60%の割合でしか建物を建てることが出来ないという事です。

例として、敷地面積150㎡の場合は60%の90㎡までに水平投影面積をおさめないといけないという事になります。

これを超えた場合は建築確認申請が通らないので、注意が必要です。

 

容積率とは

続いては容積率です。

容積率は、敷地面積に対する延べ床面積の割合となります。

建ぺい率は水平投影面積だったのに対し、容積率は延べ床面積での計算となります。

先ほどの画像をもう一度表示して確認してみましょう。

こちらの建物を計算する場合

1階部分 10m × 8m = 80㎡

2階部分 4m × 10m = 40㎡

80㎡ + 40㎡ = 120㎡

これが延べ床面積となります。

そしてここから容積率を求める事ができます。

容積率(%)=延べ床面積 / 敷地面積 × 100

上記と同じように敷地面積が150㎡とした場合

120㎡ / 150㎡ × 100 = 80%

となるので、この建物の容積率は80%ということになります。

もし建ぺい率の60%いっぱいいっぱいにして、そのまま2階も同じ大きさで建てた場合

90㎡ × 2 = 180㎡ となります。

この場合の容積率は

180㎡ / 150㎡ × 100 = 120%となります。

これ以上、容積率を大きくする場合は3階建にする必要があります。

このように容積率が決まります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は建ぺい率と容積率の求め方を解説しました。

土地を探しているとわからないことの1つだと思います。

しかし、家を建てる上ではかなり重要なポイントになるものになります。

この建ぺい率や容積率が低く設定されていると、敷地が大きくても思っているより小さな家しか建てられないという事になりかねません。

道路幅などにより表記されている容積率より少ないものになってしまったりすることもあります。

そこまでいくとなかなか判断が難しくなってしまうため、購入を検討する際は確認するようにしましょう。

 

今回は 建蔽(ケンペイ)率、容積率とは【徹底解説】 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。