住宅

隣地斜線制限とは【わかりやすく解説】

こんにちは、建築業界で10年以上働いているKatzeです。

今回は隣地斜線制限についての解説をさせていただきます。

北側斜線制限や道路斜線制限のように隣地側にも斜線制限が存在します。

いくつもあってややこしいですが、出来るだけわかりやすく解説させていただきます。

北側斜線制限とは【わかりやすく解説】北側斜線制限というものを聞いた事があるでしょうか。これは建築基準法に定められている高さ制限のひとつです。これがどのような規制なのかをできるだけわかりやすく解説します。...
道路斜線制限とは【わかりやすく解説】道路斜線制限とは【わかりやすく解説】 道路斜線制限についての解説です。道路から既定の適用角度によって、建物の高さを制限する道路斜線制限。それをわかりやすく解説します。...

 

隣地斜線制限ってなんであるの?

隣地斜線制限とは、これも北側斜線制限と同じように、隣地の採光や通風を保護する為の法律になります。

北側斜線制限程厳しくはないですが、他の方角の隣地にも配慮しましょうという事です。

ちなみに第一種、第二種低層住宅専用地域には絶対高さ制限がある為、隣地斜線制限は適用されません。

 

隣地斜線の算出方法

隣地斜線制限は北側斜線制限と似た部分が多いです。

北側斜線制限より制限がかなり緩くなっています。

まず隣地境界線より20mもしくは31m直角に上がっていき、そこから1.25もしくは2.5の勾配で斜線を描きます。

北側斜線制限では5mか10mだったのに対し、隣地境界線は20mか31mと余裕があります。

こちらも同じように第一種第二種低層住居専用地域を除く住宅系が20mと1.25、商業系や工業系が31mと2.5となります。

隣地斜線制限とは【わかりやすく解説】

このようになります。

住宅系の用途地域でもスタートが20mとかなり高い位置からの斜線となるので、一戸建てなどの住宅で引っかかる事はほとんどないでしょう。

アパートやマンションなどの大型の建築をする際に気を付けなければいけない事が多いですね。

また先ほども記述しましたが、第一種、第二種低層住宅専用地域に関しては、絶対高さがある為、隣地斜線制限は適用されません。

建築士の資格試験だと、そういうひっかけみたいな問題も出てくることがあるので注意が必要です。

 

緩和措置について

隣地境界線にも緩和措置がいくつかあります。

水面緩和」、「高低差緩和」、「セットバック緩和」の3つの緩和措置が取られています。

緩和措置については次の記事で解説していますので、興味がある方はご覧ください。

名前が同じでも北側斜線制限の緩和とは内容が違うので、同じように考えないようにしましょう。

隣地斜線制限の緩和措置【徹底解説】隣地斜線制限の緩和措置【徹底解説】 今回は前回解説した隣地斜線制限についての緩和措置について解説します。隣地斜線制限にもいくつかの緩和措置がありますので、しっかり確認していきましょう。...

 

最後に

如何でしたでしょうか。

本記事までに、斜線制限について「北側斜線制限」、「道路斜線制限」、「隣地斜線制限」について解説してきました。

こういった斜線制限を設けることにより、周りで住む方達の採光や通風などの環境を保護しています。

みんながみんな好き勝手に建てたら、必ず不利益を被る人が出てきます。

そういった人が出ないようにするための法律ですので、しっかり理解しましょう。

一般の方にはあまり必要のない知識ですが。。。

 

今回は 隣地斜線制限とは【わかりやすく解説】 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。

 

斜線制限についてわかりやすくまとめて解説斜線制限についてわかりやすくまとめて解説 今回の記事は斜線制限に関する記事のまとめになります。各制限によってどのように高さの制限を受けるのかという事について解説しています。...
道路斜線制限とは【わかりやすく解説】道路斜線制限とは【わかりやすく解説】 道路斜線制限についての解説です。道路から既定の適用角度によって、建物の高さを制限する道路斜線制限。それをわかりやすく解説します。...
北側斜線制限とは【わかりやすく解説】北側斜線制限というものを聞いた事があるでしょうか。これは建築基準法に定められている高さ制限のひとつです。これがどのような規制なのかをできるだけわかりやすく解説します。...