住宅

北側斜線制限の緩和措置【徹底解説】

こんにちは、建築業界で10年以上働いているKatzeです。

今回は前回解説した北側斜線制限の緩和措置についての解説です。

少し難しい話になりますので、興味のある方だけご覧ください。

北側斜線制限とは【わかりやすく解説】北側斜線制限というものを聞いた事があるでしょうか。これは建築基準法に定められている高さ制限のひとつです。これがどのような規制なのかをできるだけわかりやすく解説します。...

 

水面緩和

水面緩和は、真北側が水面(河川など)や線路敷きの場合に受けられる緩和措置です。

真北側に水面や線路がある場合は、その幅の1/2だけ隣地境界線を外側にあるとみなせます。

つまり、水面や線路が幅4mだとすると2mだけ隣地境界線を外側に移動して算出できるという事です。

北側斜線制限の緩和措置【徹底解説】このように幅の半分、つまり水面や線路の中心部分が隣地境界線と見なせるという事です。

正しくは、水面や線路敷きの幅の1/2という表記ですので、ご注意ください。

その緩和により、図の斜線部分が緩和された事になります。

この水面緩和は、道路斜線制限や隣地斜線制限のように、広場や公園などは含まれないので注意が必要です。

広場や公園の場合は通常通り、隣地境界線からの北側斜線になるので間違えないように注意してください。

 

高低差緩和

次は高低差緩和です。

これは真北側の隣地が自分の敷地より1m以上高い場合に適用されます。

真北側の隣地の地盤が高いと、建築可能範囲が不利になってしまうので、この緩和措置があります。

例えば隣地側が自分の敷地より2m高い場合、そこから1mを引いて1/2したものを敷地の地盤面を高く算定できる。

北側斜線制限の緩和措置【徹底解説】

図に表すとこんな感じになります。

計算式は先ほどの1mを引いてそれを1/2した数値

( 2m - 1m ) ÷ 2 = 0.5m

となります。

つまりこの図の場合は50cmだけ地盤面が高いものとみなして、算出することが出来ます。

この高低差緩和も道路斜線制限の緩和と違い、自分の敷地が低い場合に適用されます。

道路斜線制限の緩和とは計算式以外は違うものですので、間違いのないように気を付けてください。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

今回は前回の北側斜線制限のついての緩和措置についての解説をしました。

北側斜線制限の緩和はまだ計算が簡単なので、理解しやすかったでしょうか。

斜線の緩和は道路斜線が一番ややこしいです。

しかも、北側斜線制限の緩和と同じ「水面緩和」と「高低差緩和」があるのですが、北側斜線制限の緩和とは内容が違う部分がある為、なかなかややこしいです。

しっかり分けて理解するようにしましょう。

 

今回は 北側斜線制限の緩和措置【徹底解説】 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました

斜線制限についてわかりやすくまとめて解説斜線制限についてわかりやすくまとめて解説 今回の記事は斜線制限に関する記事のまとめになります。各制限によってどのように高さの制限を受けるのかという事について解説しています。...
北側斜線制限とは【わかりやすく解説】北側斜線制限というものを聞いた事があるでしょうか。これは建築基準法に定められている高さ制限のひとつです。これがどのような規制なのかをできるだけわかりやすく解説します。...
道路斜線制限とは【わかりやすく解説】道路斜線制限とは【わかりやすく解説】 道路斜線制限についての解説です。道路から既定の適用角度によって、建物の高さを制限する道路斜線制限。それをわかりやすく解説します。...
隣地斜線制限とは【わかりやすく解説】隣地斜線制限とは【わかりやすく解説】 隣地斜線制限についてわかりやすく解説をします。隣地からの高さの制限がどのように決められているのかをかみ砕いてわかりやすく解説します。...