住宅

道路斜線制限とは【わかりやすく解説】

こんにちは、建築業界で10年以上働いているKatzeです。

今回は前回の北側斜線制限に引き続き、道路斜線制限について解説します。

出来るだけかみ砕いて解説させていただきます。

 

道路斜線制限ってなんであるの?

基本的には北側斜線制限や隣地斜線制限などと同じで採光や通風に関するものです。

道路斜線制限とは道路の採光や通風に支障をきたさないようにし、かつ周囲に圧迫感を与えないように高さを制限するものです。

狭い道路の両脇にめちゃくちゃ高いビルとかマンションが道路ギリギリにずっと建ってたら圧迫感はすごいし、光もほとんど入らなくなってしまう道路になってしまいます。

そういうものを無くすために、高さを制限しています。

 

道路斜線制限とは

道路斜線制限とは少し複雑で、「容積率」、「道路幅」、「用途地域」などによって「適用距離」や「適用角度」が決まります。

適用角度は主に住宅系であれば1.25、住宅系以外では1.5が適用されます。

それでは図を見てみましょう。

道路斜線制限とは【わかりやすく解説】

道路斜線制限とは道路の向かい側の道路境界線からのスタートになります。

ここで注意が必要なのが、スタートの位置は道路境界線なのですが、スタートの高さは道路境界線の高さとは異なります。

道路斜線制限のスタートの高さは、前面道路の中心の道路高さが適用されます。

なので、向かい側の敷地が高く上がっていた場合でも、道路の中心の高さが適用される為、高くなった位置からスタートという事にはなりません。

そのスタート位置から適用角度に従って斜線を引いていきます。

そして、適用距離に至ったら高さの制限はなくなります。

例で計算してみると、道路幅が6m、道路中心高さが敷地の高さ+0.1m、適用角度が1.25だった場合

6m × 1.25 + 0.1m = 7.6m

例の場合、7.6mが境界線部分での高さ制限となります。

これは、道路にギリギリに建てる場合はこうなりますが、道路面から下がって建築をする場合はそのセットバックの距離により緩和措置が受けられます。

その他にもいくつかの緩和措置が設けられています。

これ以上入っていくと難しくなるので、機会があればまた解説します。

適用距離とは

適用距離とは、ある程度道路から離れたら、道路に影響を与えないという事で、道路斜線制限が適用されなくなります。

これにより、高層ビルなどの建築が促進されていきました。

昔からある高層マンションなどは上階の方が斜めになっているものが多くみられました。

しかし、昭和62年に適用距離が制定さた事により、道路から一定距離を離したところから道路制限が解除され超高層ビルなどが建築出来るようになりました。

これにより、外観的なものも改善されていき、見た目が美しい建築物が多くなりました。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

ここら辺の解説になってくると、なかなかわかりやすく解説するのは難しいですね。

ここに更に緩和措置などが入ってきて、最終の高さ制限が決まってきます。

またの機会に解説すると言いましたが、気になる方もいると思うので、次の記事で解説させていただきます。

 

今回は 道路斜線制限とは【わかりやすく解説】 というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。

 

北側斜線制限とは【わかりやすく解説】北側斜線制限というものを聞いた事があるでしょうか。これは建築基準法に定められている高さ制限のひとつです。これがどのような規制なのかをできるだけわかりやすく解説します。...
隣地斜線制限とは【わかりやすく解説】隣地斜線制限とは【わかりやすく解説】 隣地斜線制限についてわかりやすく解説をします。隣地からの高さの制限がどのように決められているのかをかみ砕いてわかりやすく解説します。...
斜線制限についてわかりやすくまとめて解説斜線制限についてわかりやすくまとめて解説 今回の記事は斜線制限に関する記事のまとめになります。各制限によってどのように高さの制限を受けるのかという事について解説しています。...