住宅

二世帯住宅で快適に暮らす為の3つの住み分け方法とは

必見!二世帯住宅の3つの住み分け方法とは

こんにちは、建築業界で10年以上働いているKatzeです。

今回は二世帯住宅のお話です。

二世帯住宅ってなかなか難しい話が多いですよね。

今回は二世帯住宅でも住み分け方によってお互いのストレスを軽減できる方法をご紹介します。

二世帯住宅とは

二世帯住宅とは親世帯と子世帯の2つの世帯が同じ住宅に暮らす形態の事をさします。

各世帯が独立した世帯である場合に使用される言葉なので、世帯が同じ場合は対象外です。

親世帯と子世帯が同じところに暮らすことにより生活面でも住宅のコスト面でも安く済ませることができ、メリットのある住宅形態の一つです。

また、住み分け方によって一定のプライバシーを守りつつ、必要な時はお互いをサポートしあえるメリットがあります。

では住み分けとはどのようなものがあるのでしょうか。

 

完全同居タイプの住宅

まずは完全同居タイプ

このタイプは全ての設備などを全て共有で使う形態です。

リビングやダイニング、キッチンやお風呂などを共有する事で、住宅にかかるコストを最低限に抑えることが出来るメリットがあります。

また、親世帯と子世帯で寝室を1階と2階に分けることで最低限のプライバシーを守ることが出来ます。

その反面、義両親との生活空間の共有時間が長くなるため、精神的な負担は大きくなりがちです。

キッチンや洗面所などの水回りは各家庭によって使い方も異なるため、ちょっとしたことでストレスを感じてしまう事も考えられます。

また、生活時間が異なる場合はお互いにとって気を遣う空間になってしまう事も・・・

同じ時間を共有できる為、大家族としての醍醐味を味わう事が出来る一方で、義両親との仲が良くないと、お互い苦痛になってしまうケースもあります。

メリット

  • 設備を共有する為、建築コストが安く済む。
  • 大家族としての醍醐味を味わえる。
  • いつでも誰かがいることが多いので寂しくない。
  • お互い助け合いがしやすい。

デメリット

  • 各寝室でしかプライバシーを確保できない。
  • 水回りが共有なので、気を遣う。
  • 仲が良くないと共有する生活時間が長くなりすぎる。

 

一部供用するタイプの住宅

続いては一部供用するタイプの住宅形態。

これは話し合いによって共有するスペースや設備を決めることが出来るので、生活時間が異なる場合でも有効に使えます。

例えば、玄関を共有にして真ん中にキッチンを配置、キッチンを中心に左右に世帯を分ける方法が多いでしょうか。

キッチンも共有したくない場合は別々で設置しても問題ありません。

ただ、共有部分が減れば減るだけ建築コストは上がっていきます。

階段は共有、リビングは別、洗面所も別、階段は共有など、生活スタイルなどに合わせて相談しながら決めていくのがいいと思います。

義両親の前だとわがまま言いづらいので、先に配偶者の意見を聞いてあげて、なるべく取り入れてあげるように話を持っていくことでお互いの負担が減る家を実現しやすいのではないでしょうか。

いくらか費用を出してくれるのであれば、多少の我慢は必要になりますけどね。

メリット

  • 共有部分を制限する事で、お互いのプライバシーを確保しやすい。
  • 共有部分が多ければ建築コストの削減になる。
  • 生活時間が違う場合でも分けることで問題解決できる。
  • 共有空間を制御する事で適度な距離感を保てる。

デメリット

  • 共有部分が減るとその分建築コストが増える。
  • 共有部分と分ける部分で意見が分かれやすい。
  • お互い妥協が必要になる。

 

完全分離タイプの住宅

最後は完全分離タイプの住宅形態です。

これは全ての空間を分けてしまうパターンになります。

文字通り、玄関から全てを別個にしてしまいます。

こうなると完全に生活空間が分かれるので、プライバシーを確保するのが容易になります。

ただし、完全に分けてしまう事で、建築コストは高くなります。

共有部分がない事で、削減できる部分がほとんどないので、建築のコスト的なメリットは少なくなります。

また完全に分離する為、お互いその気がなければ全く干渉しない生活となります。

完全分離タイプは、いずれ売却する事になった場合でも比較的売れやすい傾向にあります。

片方に自分たちが暮らし、もう一方を借家にするなどのパターンで買い手が付きやすい事が考えられます。

売却の事まで視野に入れるのであれば完全に分離しておくといいでしょう。

ただし、完全分離タイプにした場合は、もし将来的に両親の介護が必要になった場合の事も考えておかなければいけません。

完全同居タイプや一部を共用するタイプとは違い完全に分けてしまっている為、行き来する事が困難です。

住居の分け方としてはは左右で分けるパターンと上下で分けるパターンがあります。

左右で分ける場合は行き来くらいは出来るように扉で仕切る。

上下で分ける場合も、室内にも階段を設けることで、最低限の繋がりを確保する事も出来ます。

完全分離タイプの売れやすさを諦めるか、出ていく前に塞ぐ工事が必要にはなりますが、介護については容易になります。

メリット

  • 完全に分ける為、プライバシーの確保が出来る。
  • 売却時、比較的売れやすい。
  • 将来的に一方を借家に出来る。

デメリット

  • 完全に分かれている為、コミュニケーションが取りにくい。
  • 要介護になった場合に不便さがある。
  • 建築コストが上記の2形態に比べ高い。

 

最後に

如何でしたでしょうか。

今回は二世帯住宅の住み分け方について解説しました。

一言に二世帯住宅と言っても3種類の住み分け方があります。

完全同居タイプだとプライバシーを保つのが難しい為、一部を共用で使う形態でお互いの落としどころを見つけると、将来的な介護なども問題なく行えます。

また完全分離タイプはプライバシーを確保しやすく、将来的に借家や売却に有利になります。

また光熱費なども分けることが可能です。

 

二世帯住宅においては税金の免除や補助金などもある為、そういったものも利用し、お互いに取って住みやすい家づくりをしましょう。

今回は 必見!二世帯住宅の3つの住み分け方法とは というテーマで解説しました。

御閲覧ありがとうございました。